葬儀のあれこれ

葬儀スタイルのあれこれ

社葬・合同葬

社葬とは、会社が主催する葬儀のことです。
また、遺族と会社が共同で主催する葬儀を合同葬と呼びます。

 
【会社が葬儀を主催することの意味】

 

社葬では、会社の創業者や功労者を哀悼します。
故人の死は、その家族にとっても大変なことですが、会社にとっても大きな人的損害を意味します。
会社としては、功労者の葬儀をきちんと執り行うことで組織力をアピールする絶好の機会なのです。
社葬をすることで、対外的に事業が円滑に継承されることを示し、社内的にも結束を強める働きがあります。

 

【さまざまな社葬の方法】

 

社葬も細かく見ていきますと、いくつかの方法に分けられます。

 

■密葬と本葬

まず家族だけで密葬を執り行い、寺院による葬儀と火葬を済ませます。
そして数日ほど日程を開けて、社葬を執り行います。
大人数の参列を受け入れるためには事前準備が不可欠ですし、日程が開くことできちんと訃報が活き渡します。
 
■合同葬

合同葬とは、家族と企業が合同で主催する葬儀です。
密葬は家族向けの葬儀、社葬は会社をはじめとする社会的な葬儀ですが、合同葬ではそれを一気にやってしまいます。
日程を開けずに、会社関係の人たちにも広く参列してもらうのです。
ご逝去から葬儀までの日数がないために、葬儀社を中心とした的確な下準備が必要です。
 
■お別れ会・偲ぶ会

宗教的な要素を排したものとして、お別れ会や偲ぶ会があります。
これらは呼び名こそ違うものの内容は大差ありません。
寺院の読経を中心とした葬儀ではなく、パーティー形式のお別れ会が好まれています。
葬儀会館だけでなく、ホテルやレストランなどでも開催されます。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top