葬儀のあれこれ

葬儀の流れのあれこれ

逝去・病院でするべきこと

現代の日本では、約8割近くの人が病院で息を引き取っています。
医師から死を知らされた家族はどのように行動をしなければならないのかをまとめました。

 
【エンゼルケア】

 

エンゼルケアとは、看護師による死後処置です。
この間、家族は病室外で待機します。
身体をきれいに清め、綿づめなどの処置をしてもらい、服を着せてもらいます。
エンゼルケアをどこまでするかは病院によって異なります。
不十分と判断した場合、葬儀社が改めて処置をしてくれるでしょう。
 

 

【末期の水】

 

息を引き取った死者の口元を水で濡らします。
渇きによる苦しみを癒してあげるための、昔からある習慣です。
ただし、昨今の病院では省略することも多く、その場合は、自宅などに安置した時にしてあげましょう。

 

【葬儀社に連絡・搬送先を決めておく】

 

逝去後は、速やかに故人様を引き取らなければなりません。
葬儀社に手配して、お迎えに来てもらいましょう。
葬儀社が到着したら、故人様をどこに搬送してほしいかを伝えます。
自宅への安置が望ましいですが、もしもそれが困難な場合は、安置施設を葬儀社に紹介してもらえるでしょう。

 

【死亡診断書の受け取り】

 

医師から死亡診断書が手渡されます。
故人様の死を証明し、今後の死亡届や火葬許可申請に必要な書類ですので大切に保管しましょう。
また、遺体を搬送する時は、死亡診断書を携行していなければならないので、葬儀社に手渡しましょう。

 

【入院費などの支払い確認】

 

逝去後はすぐに葬儀などとばたばたしてしまうので、病院への支払い方法だけ確認しておきましょう。
 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top