葬儀事典トップページ > 葬儀のあれこれ > 葬儀準備のあれこれ > 葬儀はなぜするの?その5つの役割

葬儀のあれこれ

葬儀準備のあれこれ

葬儀はなぜするの?その5つの役割

亡くなった人に対して葬儀を執り行うのは、世界中、あらゆる地域や民族で共通です。
亡くなってしまえば、身体はただの抜け殻になるだけですが、私たちの心はそれだけでは割り切ることができません。
人がひとり亡くなると、つぎのようなことが起こります。

 

■亡くなった人に対して辛いや悲しいという感情が沸き起こります。
■変化していく遺体に対して怖い、汚いという感情が芽生えます。
■亡くなった人はどこに行くのだろうという、答えの出ないことを考えてしまいます。
■親戚やご縁のあった人たちに、亡くなったことを知らせる義務が発生します。

 

こうしたさまざまな問題を時間をかけて解決することを「供養」というのではないでしょうか。
そして、その供養の始まりこそが、葬儀なのです。
宗教ジャーナリストの碑文谷創さんは、葬儀の果たす5つの問題を「処理」するためのものだとしています。
 

 

私たちは、なぜ葬儀をするのでしょうか。

①社会的な処理
葬儀をすることで、故人の死を知らせることができます。

②遺体の処理
亡くなった人の遺体は、速やかに火葬、土葬などで処理しなければなりません。

③霊の処理
死者はいつまでもこの世にいるわけにはいきません。
その行き先はそれぞれの宗教で定められており、葬儀という宗教儀礼を執り行い、あの世へ送り出します。

④悲嘆の処理
大切な人を亡くした悲しみを癒すために、寺院が読経し、参列者が集まって慰め、共に故人を悼みます。

⑤さまざまな感情の処理
人がひとり亡くなることは、社会共同体にも大きな欠落をもたらせます。
それを埋めるために、葬儀を行います。
 

これらは今の日本の葬儀だけにあてはまるものではなく、古今東西、世界中のあらゆる時代の葬儀でも、同じような役割を果たしてきたはずです。
大事な仲間を失ったあとの世界でも、再び日常を取り戻し、幸せに生きていかなければなりません。
私たち人類はその苦しみを乗り越えるために葬儀を執り行ってきたのです。
「よいお葬式」の定義はとってもシンプルで、盛大なおもてなしや、「私たちらしい」というオリジナリティなどではなく、このような役割を果たす身の丈にあったお葬式のことだと、筆者は考えます。

 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top