葬儀のあれこれ

葬儀の流れのあれこれ

葬儀社との打合せ

満足度の高い葬儀のためには、葬儀社との打合せこそが大切です。
二人三脚で一緒に納得のいく葬儀を作り上げる姿勢が理想的です。
そのためには、わからないことはどんどん担当者に相談し、こちらの希望を聞き、不明な点はしっかりと質問しましょう。
葬儀社との打合せがどのように行われるのでしょうか?

 

【日程と場所の決定】
 

一番初めに決めることは日程と場所です。
希望の日程や場所があるかもしれませんが、これらを決めるためにもいくつかのことを確認し、調整しなければなりません。

 

■希望する葬儀スタイル
一般葬、家族葬、一日葬、無宗教葬など、自分たちがどのような形で葬儀をしたいのか。

■会葬規模
どれくらいの人数が参列されるか。
それによって会場の規模も変わってきます。

■寺院の都合
希望する日程と住職の都合を調整しなければなりません。

■式場や火葬場の空き状況
希望する式場や火葬場の空き状況も確認します。
以上の項目を満たせば、式場と火葬場の予約ができます。
このようにして日程と場所が決まりました、すみやかに関係先に連絡しましょう。

 

【プランの決定・見積り・契約】

 

次に葬儀プランを決定します。
お葬式費用は次の3つに分けられます。

 

A:葬儀一式の基本料金(お葬式のための基本的な費用 祭壇・棺・ドライアイスなど)
B:飲食接待費(参列者人数によって数量が変動する料理や返礼品など)
C:宗教者への費用(宗教者への謝礼、心づけなど)

 

プランの組み立ては葬儀社によって異なります。
Aのみで組んでいることもあれば、AとBで組んでいることもあります。
希望のプラン、そして必要なものを計上した上で見積もりをし、問題がなければ契約です。

 

【全体の流れの確認・用意しなければならないもの】

 

打合せでは次のようなことを決めていきます。

■喪主の決定
配偶者や子が務めるのが一般的です。

■死亡届の提出
葬儀社が代行してくれるでしょう。

■お手伝いの手配
受付や駐車場などのお手伝いが必要な場合は、遺族の知り合いに協力してもらいましょう。

■供花のとりまとめ
親族間でお供えのお花を出す場合はそのとりまとめもします。

■遺影写真の準備
祭壇中央に飾るための遺影写真を準備します。

■喪主の挨拶
喪主は、通夜葬儀の中で挨拶の場面がいくつかあります。
葬儀社に文例集をいただき、文面を考えておきましょう。

■出棺時の役割分担
火葬場への出棺時に、だれがどの車に乗るか。
遺影や位牌や遺骨を誰が持つかなどを決めておきます。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top