葬儀のあれこれ

葬儀の流れのあれこれ

訃報の流し方

葬儀の日程と場所が決まりましたら、参列していただきたい人や、死の事実を伝えなければならない関係先に訃報を流します。
どのように訃報を流せばいいのでしょうか。
 

 

【訃報で伝えるべきこと】

 

訃報で伝えるべきことは、「だれが」「いつ」亡くなった。
そして、「いつ」「どこで」「どうやって」葬儀が執り行われるかです。
特に葬儀の情報は間違った情報を送らないようにしましょう。

 

■だれ
故人様の名前や年齢、亡くなった日を伝えます。

■いつ
葬儀日程を伝えます。
通夜と葬儀それぞれの開式と閉式時間を伝えましょう。
また、火葬場まで同行していただきたい人には、全行程が終了するおおまかな時間を伝えるのが望ましいです。

■どこ
式場の住所を伝えます。
地図を添付できればなおよいでしょう。

■どうやって
宗教形式を伝えましょう。
仏式、神式、無宗教など。

■その他
特に伝えておきたいことを明記します。
たとえば「供花香典はご辞退いたします」や、「家族葬なので親族のみで執り行いました」などです。

 

【葬儀社が用意する訃報の紙を活用する】

 

訃報の紙は葬儀社が用意するので、それを手渡したり、あるいはファックスしましょう。

 

【親族や特に近しい友人や知人には電話やメール】

 

親族や、特に近しい友人や知人には、そこまで改まらずにきちんとした情報さえ伝わればよいでしょう。
電話やメールで伝えます。
もちろん訃報のファックスでも構いません。
 

 

【会社関係には上司に伝える】

 

会社関係には上司に伝えましょう。
忌引きの申請と合わせて伝えることが多く、参列を希望する場合、または辞退する場合、いずれもその旨を明記した訃報を手渡しましょう。
上司から社内に伝達してくれるはずです。

 

【近隣には自治会長に伝える】

 

近隣の人たちへの訃報は、その関係性にもよります。
直接伝えてもよいですし、自治会長に伝えれば町内への伝達をしてくれるでしょう。
家族葬にする場合は事後報告でも構いません。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top