葬儀のあれこれ

葬儀の流れのあれこれ

納棺

納棺とは、ご遺体を棺に納めることです。
この納棺を作業としてではなく、納棺式という儀式として執り行います。
故人様が棺に入ることが、それほどに大変なことなのだと人々が捉えていた証です。
納棺がどのように進められるかをご説明いたします。

 

 

【納棺は、湯灌、旅支度、納棺の順で行われる】

 

納棺は、宗教や地域性や葬儀社の方法によってさまざまなので、ひと括りにして論じることはできません。
ただ、大まかな傾向としては、まず湯灌(ゆかん)をして、次に旅支度を着せて、最後に納棺というケースが一般的でしょう。

 

【湯灌】

 

湯灌とは、故人様の身体をきれいに清めることです。
家族が清浄綿を手にして、故人様の肌を拭き清めます。
最近では葬儀社が湯灌師を手配し、バスタブを部屋に持ち込んでシャワーで身体を清める方法もあります。

 

【旅支度】

 

旅支度とは、仏教で考えられる死出の旅の衣服を着せてあげることです。
旅の姿とは白装束です。
四国のお遍路さんのような恰好をイメージすればよいでしょう。
すでに病院で浴衣を着せられることが多いでしょうから、肌の出ている部分のものを取り付けます。
手には手甲(てっこう)、すねには脚絆(きゃはん)、足には足袋、額には天冠(額に当てる三角布)、そして首からは頭陀袋(ずだぶくろ)を下げ、その中に三途の川の渡し賃の六文銭を入れます。
草履を履かせ、笠を被せ、杖を手に持たせます。
納棺後、本来体にまとうはずの帷子(かたびら)を上から掛けます。
さて、このような旅支度も、浄土真宗では行いませんし、最近では故人様が来ていた洋服などを希望する人も増えています。

 

【納棺】

 

以上のように故人様の旅の準備が整ったら、全員でご遺体を棺の中に納めます。
また、故人様のお顔のメイクをご家族の人でしてあげてもいいでしょうし、専門のメイク師を手配してもらうこともできます。

 

【副葬品】

 

副葬品の希望がある場合は、納棺式の時までに用意します。
火葬場のルールとして、不燃のものは入れられませんが、思い思いの品をご用意してあげましょう。

 

【さまざまな風習】

 

納棺に関してはさまざまな地域的な風習があります。
関東地方では「食い別れ」というものを納棺に先立って行います。
塩と酒で身を清め、一丁の豆腐をその場にいる全員で食べきって、それから納棺式に臨みます。
山形では、「三人酒盛り」と言って、湯灌と納棺を行う代表3人が裸になってさらしを腰に巻き、塩と酒を口に含んで臨んだそうです。
現代ではこのような風習は見られなくなりましたが、納棺を大切にとらえていたことがうかがいしれます。

 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top