葬儀のあれこれ

葬儀の流れのあれこれ

通夜

通夜とは、そもそもは親族や近親者が夜通し故人様に付き添って、線香やローソクの番を寝ずにしたことです。
この「夜通し」が転じて「通夜」と呼ばれるようになりました。
現代では、友人や知人の参列の場として捉えられています。
仕事を終えた人々がお参りに来られるよう、夕刻から通夜式を執り行います。

 

【通夜式までに準備しておくものやこと】

 

通夜当日はなにかと慌ただしくなります。
家族が準備しなければならないものや、葬儀社と打合せすることなどを挙げました。

 

■服装
遺族は喪服で臨みます。
喪主や、限りなく故人様に近い方は和装が正式とされてはいますが、洋装の略礼服で構いません。
両日とも長丁場になりますので無理のない服装にしましょう。

■貸衣装や着付け
貸衣装や着付けを希望する場合は早めに葬儀社に相談しましょう。

■遠方から来られる人の宿泊の手配
もしも斎場に宿泊されないのであれば、早めに宿を手配しておきましょう。

■供花の確認
家族や親族の中で供花を出す人を取りまとめます。
また、祭壇脇に並べる順番も決めておきます。

■席順の確認
着席の順番が焼香の順番になります。
親族との関係性などを考えて、葬儀社と相談の上、決めていきましょう。

■宗教者への挨拶
開式前に宗教者が来場されると、喪主は控室まで挨拶に行きます。

■受付の確認
参列者の受付スペース(記帳所、受付、会計)の確認をします。
香典のとりまとめを誰に任せ、どのタイミングで受け取るかも事前に打ち合わせをしておきましょう。

■お手伝いの手配と挨拶
お手伝いの協力をいただく場合は、事前に手配をしておきます。
御礼と食事の用意もしておきましょう。

■喪主挨拶
地域によっては通夜式を終えた後に参列者に挨拶をしますので、その文面をまとめておきましょう。

 

【通夜式の流れ】

 

通夜式の流れは次のようになります。
一般的な仏式葬儀の場合。

 

■導師入場・開式
■導師による読経
■喪主焼香
■親族焼香
■一般会葬者焼香
■読経終了・法話
■導師退場
■喪主挨拶
■閉式

 

【通夜ぶるまい】

 

関東地方では、焼香後に参列者を通夜ぶるまいに案内します。
ただ最近は、家族葬も多く、一般会葬者の食事を用意しないケースが増えています。

 

【宿泊】

 

斎場に宿泊することで、夜通し故人様に寄り添えます。
ただ、最近は火事の危険性から、ローソクや線香などの火の使用を禁止しているところもあります。
また、斎場によっては宿泊できないこともあるので、事前に葬儀社に確認しておきましょう。

 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top