葬儀のあれこれ

葬儀の流れのあれこれ

葬儀・告別式

昨今の葬儀は、火葬前日の「通夜」と、火葬当日の「葬儀・告別式」という風に、2日に分けて行います。
「葬儀・告別式」とひとまとめで呼ばれますが、一体この2つは何が違うのでしょうか?

 
【葬儀は、宗教者による宗教儀礼】

 

「葬儀」は宗教者による儀礼です。
ですので、宗教や宗派によって内容が異なります。
一般的な仏式葬儀では、葬儀の中心儀礼は「引導」と「授戒」です。
「引導」とは亡くなった方をこの世からあの世(仏道)に渡すこと。
「授戒」とは、仏道に進んだ死者に仏弟子としての戒律を与えることです。
この時に授かる名前こそが戒名です。

 

【告別式は、親族や参列者による社会的儀礼】

 

「告別式」は、親族や参列者が故人様を囲み、最後のお別れをします。
いわば社会的儀礼です。
棺の中に花を入れ、故人様のお肌に触れ、最後の言葉をかけてあげます。
喪主は参列者にあいさつを、参列者は出棺を見送ります。

 

【葬儀・告別式の流れ】

 

それでは一般的な葬儀・告別式の流れをまとめました。
地域やスタイルによって異なることもあります。

 

<葬儀式>

■導師入場・開式
■導師による読経
■弔辞(ない場合もある)
■弔電拝読(ない場合もある)
■喪主焼香
■親族焼香
■一般会葬者焼香
■読経終了・導師退場
■告別式の準備 いったん退席

 

<告別式>

■お花入れの儀
■喪主挨拶
■閉式・出棺

 

【弔辞】

 

弔辞は、代表者に故人様にお別れの言葉を語り掛けてもらいます。
弔辞者は、故人様と特に親しかった友人や、会社の同僚などが執り行います。

 

【弔電】

 

式場に届いた弔電を司会者が紹介しますが、すべては読みあげられません。
全文紹介、名前のみの紹介など、時間の許す限り読みあげます。

 

【喪主挨拶】

 

出棺前に喪主は参列者に挨拶をします。
挨拶は、定型文でもいいのですが、自分の言葉でしっかりと語るのが望ましいです。
メモを読みながらでも構いません。
どうしても挨拶できない場合は、喪主に準じる代理の人が「遺族代表挨拶」としても構いません。

 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top