葬儀のあれこれ

葬儀の流れのあれこれ

初七日法要

初七日法要とは、死後七日目に執り行われる法要です。
しかし最近では親族が集まるのが困難なため、葬儀当日に繰り上げて行われることが多いようです。
この記事では、初七日法要についてご説明します。

 
【初七日法要をはじめとする”追善法要”とは】

通夜や葬儀で寺院の供養をいただいたあとも、初七日法要、二七日法要などと、七七日法要、つまり四十九日法要まで、寺院を招いて法事を執り行いました。
最近ではこれらを省略することが増え、初七日の次は四十九日法要という方法が一般化しているようです。
四十九日までの法要を”追善法要”と呼びます。
仏教では、死後49日間は次に生まれ変わる世界が定められていない「中陰」という期間で、この間の7日ごとに、親族が集まり、法事をし、故人様が無事に成仏するように仏様に祈ります。
遺族があとを追って善行をするので、「追善法要」と呼びます。
故人様に代わって善行を積むことで、故人様がよい世界に生まれ変わるよう、きちんと成仏できるよう、法要を執り行ったのです。

 

【初七日法要のタイミング】

 

葬儀を終えて、また数日後に親族が集まるのが大変なことから、最近では葬儀に当日に繰り上げて初七日法要を行うことが増えているようです。
初七日法要のタイミングは、次の3つの内のいずれかです。

 

■葬儀式の中で初七日法要を組み込む

寺院が火葬場への立ち合いや、その後の初七日法要ができない場合、葬儀式の中に組み込みます。
親族は、葬儀分と、初七日法要分と、2度焼香に進み出ます。

 

■火葬を終えたあと

火葬を終えて、遺骨を祭壇に安置して初七日法要を執り行います。
場所は、斎場、寺院、自宅などさまざまです。
最もポピュラーな方法と言えるでしょう。

 

■死後7日目

死後7日目に、自宅で執り行います。
最も正式な方法です。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top