葬儀のあれこれ

葬儀の流れのあれこれ

精進落とし

精進落としとは、火葬後の会食の席のことです。
この記事では、精進落としについて詳しく説明して参ります。

 
【精進落としとは】

 

通夜・葬儀、そして火葬という一連の葬儀日程を終えたあとに、会食の席を設けます。
これを「精進落とし」と呼びます。
人数分の会席膳を用意して、お酒などを振る舞うのが慣例です。

 

【精進落としの名前の由来】

 

昔は、身内に不幸が起きると、遺族は四十九日まで殺生したものを口にせずに、身を清めて喪に服しました。
殺生した肉や魚を食べないということは、精進料理しか食べなかったことを意味します。
ですから精進落としとは、喪が晴れて、家族が精進料理から解放されて肉や魚などの生ものを食べられる、その料理のことを指していました。
昨今では、肉や魚を慎んで、身を清めるという風習がありません。
通夜ぶるまいの席でもお寿司が出るくらいですから、精進落としという呼び名だけが残っていると言えるでしょう。

 

【影膳】

 

精進落としの席では、「影膳」をひとつ用意します。
これは、みなさんが召し上がるものと同じものを故人様にお供えするものです。
民俗学の世界に「神人共食」という言葉があります。
神(広い意味で、目に見えない存在。神仏や死者など)と人間が同じものを食べることで、そこにいるもの同士のつながりが強固になる働きがあるようです。
故人様とそこにいるもの全員が同じものを食べて、故人様を偲びながら、親戚同士がつながりを確認しあう。
同じ場所で同じものを食べるというのは、とても大切なことなのです。
 

 

【献杯】

 

葬儀や法事の食事の席は、「乾杯」ではなく「献杯」の発声で始めます。
献杯は、参列者全員に対してねぎらいの言葉をかけられる立場の人、たとえば本家の人や一番年配の人などに務めてもらいます。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top