葬儀のあれこれ

葬儀費用のあれこれ

葬儀費用の全国平均

葬儀費用がどれくらいかかるかなんて、見当もつかないという人がたくさんいます。
葬儀は何度もするものではありませんし、人生で1度あるかないかの経験では、自分たちの葬儀費用が高いのか安いのか、判断がつきません。
この記事では、葬儀費用の全国平均から、葬儀費用の実情について説明いたします。

 
【全国平均は195.7万円】

 

日本消費者協会が2017年に行った『第11回「葬儀についてのアンケート調査」報告書』によりますと、葬儀費用の全国平均は195.7万円だそうです。

 

その内訳は次のようになります。

■葬儀一式費用 121.4万円
■通夜からの飲食接待費 30.6万円
■寺院の費用 47.3万円

 

【”全国平均”の信憑性】

 

果たしてこの金額は妥当なのだろうかと、さまざまなところで語られています。
そもそも、全国平均を出すことが難しいでしょう。
首都圏は火葬場が民営で火葬料が極端に高額です。
関東地方は、参列者にも通夜の料理をふるまいますが、関西ではこうした慣習はありません。
一般葬と家族葬でも葬儀の費用は大幅に異なります。
実際の現場では、もう少し安いのでは…という声が大半なようです。

 

【葬儀社各社の実例に照らし合わせてみる】

公益社

葬儀専門業者系では最大手。
自社のホームページの中で、費用の実例を掲載しています。
家族葬が、関東だと94万円、関西だと89万円だそうです。
ここには寺院の費用が含まれていません。
仮に全国平均の47万円だとしても、合計が195万円には及びません。

 

アーバンフューネス

運営サイト”エンディングデータバンク”によると、首都圏の家族葬の平均費用は110万円前後だそうです。

 

小さなお葬式

家族葬プランを49.3万円で提供しています。
寺院の紹介が16万円ですので、100万円を下回る費用で家族葬ができます。

 

お手本にしたいお葬式

2018年10月に始まる新しいサービスですが、家族葬プランなら45万円、自宅家族葬プランなら38.5万円で葬儀を行うことができます。

 

 

【お住まいの地域の葬儀社に事前相談を】

このように、195.7万円という金額は少し高いように思われます。
本当に小規模の家族葬であれば、100万円を下回る費用での葬儀も可能でしょう。
とはいえ、地域による相場や、葬儀社の料金体系によって葬儀費用は異なります。
自分たちの希望する葬儀の形を決めた上で、地域の葬儀社に事前相談することをおススメします。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top