葬儀のあれこれ

葬儀費用のあれこれ

飲食接待費

日本消費者協会が定期的に行っている「葬儀についてのアンケート調査」では、葬儀費用を3つに分けています。
「葬儀一式の費用」「飲食接待費」「寺院の費用」です。
これらをひとつひとつ細かく見ていきましょう。
この記事では「飲食接待費」についてご説明します。

 

 

【飲食接待費とは、料理や返礼品のおもてなし】

 

飲食接待費とは、料理だけでなく、返礼品も含めた参列者へのおもてなし費用のことです。
地域によって慣習が異なりますが、料理は、お通夜のあとの通夜ぶるまいや、火葬後の精進落としなどの会席料理があり、返礼品は、参列者に会葬御礼の品物と礼状を配ります。

 

【参列者の人数によって数量が変動する】

 

参列者の人数によって数が変動するので、見積もりと実請求が異なる性格があります。
家族葬であれば参列人数はほぼ的確にできますが、一般葬として広く訃報を流す場合には、参列者はふたを開けてみないと分かりません。
打合せの段階で、故人様や家族の関係先をきちんと葬儀担当者に伝えて、参列者の人数を的確に予想してもらいましょう。

 

【料理について】

 

料理は、通夜のあとの通夜ぶるまい、火葬のあとの精進落としがあります。
通夜ぶるまいは、親族だけにふるまう地域と、参列者にもふるまう地域とがあります。
どれくらいの人数が参列されるか分からないため、お寿司や煮物などの大皿料理を出します。
火葬後の精進落としでは、火葬場に同行する人数が把握できるために、人数分の御膳を用意するのが一般的です。
その他、飲み物代や、火葬場での待機時間の軽食なども、飲食接待費に含まれます。

 

【返礼品について】

 

返礼品とは、参列していただいた人にお配りする会葬御礼と礼状のことです。
500円から1000円程度のお茶やタオルに、礼状と塩を挟んで配ります。
最近では、葬儀場で香典返しの品物を配ることもあります。
本来は四十九日法要にあわせて手配するものですが、一度の手間で済みます。
 

 

【トラブル防止のためには綿密な打ち合わせを】

 

見積と実請求が異なることが多いために、葬儀後にトラブルになることもしばしばです。
料理や返礼品は数が足りないという事態が起こりやすいので、葬儀社側では追加発注できる準備をしています。
喪主や遺族が席を離れて、状況を判断して追加注文するというのは不可能な話で、その判断は担当者に任せざるを得ません。
打合せの時に、「料理が余らないようにする」「少し余ってもいいからテーブルが寂しくないように追加する」などの方針を決めておきましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top