葬儀事典トップページ > 葬儀のあれこれ > 葬儀費用のあれこれ > 葬儀プランに含まれているもの

葬儀のあれこれ

葬儀費用のあれこれ

葬儀プランに含まれているもの

葬儀社のホームページなどを見ていますと、「家族葬〇〇万円プラン」などと、葬儀プランとして商品をパッケージ化している事に気づきます。
しかしこのプランを選んだとしても、その金額だけで葬儀ができるわけではありません。
慣れないことですから、葬儀プランの中にどのようなものが含まれているのか、見極めることは難しいでしょう。
そして、それらが本当に必要か、あるいは不要かの判断も大変困難です。
プランに含まれる内容はあくまでも葬儀社によって異なりますが、この記事では、一般的にどのようなものが葬儀プランに含まれているか、また、どのようなものを追加で計上しなければならないかをご説明します。
参考にしていただければ幸いです。

 
【葬儀プランに含まれるのは、「葬儀一式の費用」】

 

日本消費者協会の「葬儀についてのアンケート調査」の中では、葬儀費用は次の3つに分類されています。
「葬儀一式の費用」「飲食接待費」「寺院の費用」です。
そして、ほとんどの場合、葬儀プランは「葬儀一式の費用」に該当します。
では、「葬儀一式の費用」には、どのようなものがあるのでしょうか。
 

 

【葬儀プランに含まれる主な品目】

 

葬儀プランには主に以下のものが含まれます。

■祭壇
金額によってグレードが異なります。

■棺
金額によってグレードが異なります。

■遺影写真
遺影写真の作成。
拡大や補正を行い額に入れて式場で飾ります。

■ドライアイス
決められた回数分がプランに含まれています。
それを超えると追加料金が発生します。

■火葬料
火葬料は自治体によって異なります。

■骨壺セット
遺骨を納める骨壺セットです。

■枕飾り
自宅安置時に枕元に飾る祭壇です。

■後飾り
葬儀後、遺骨を飾る祭壇です。

■導師用仏具
式場で寺院が使用する仏具一式です。

■手続き代行
死亡届の提出を葬儀社が代行してくれます。

■寝台車
ご遺体を搬送する寝台車です。
決められた距離や行程数がプランに含まれています。
超過分は追加料金が発生します。

■搬送用防水シーツ
搬送時の特殊防水シーツです。

■霊柩車
火葬場までの出棺車両です。

■スタッフ人件費
担当者は、式場案内スタッフの人件費。
スタッフが増えると追加料金が発生します。
 

 

【オプション項目】

 

その他、必要に応じてオプションが選べます。

■マイクロバス
火葬場への出棺車両。
火葬場に同行する遺族が多い場合には手配します。

■ハイヤー
寺院や来賓などのために手配できます。

■湯灌
ご遺体の入浴サービスです。

■メイク
プロによるメイクのサービスです。

■式場看板
式場正面に立てる看板です。

■案内看板
最寄りの駅から式場までの立て看板です。

■テントなどの外装
参列者が多い時には、式場外にテントの設営をします。

■音響施設
式場内外の音響を充実させられます。

 

【料理や返礼品がプランに含まれることもある】

 

料理や返礼品がプランに含まれているケースもあります。
これらは参列者の人数によって数量が変動するために、プランには含まれないことが多かったのですが、昨今は家族葬が普及し、参列者の人数を確定しやすくなりました。
そのため、「〇〇人分までは含む」という形でプランに組み込む葬儀社が増えています。
 

 

【プラン以外に必要なもの】

 

プラン以外にも、料理、返礼品、式場使用料、寺院への謝礼など、実質的に喪主が負担しなければならない費用はその状況によって異なります。
最終的には、プランを決定した上で、総費用の概算を葬儀社に見積もりしてもらいましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top