葬儀のあれこれ

葬儀費用のあれこれ

後返しと即日返し

葬儀に参列していただいた人たちには、会葬御礼の品物を配るのが慣例です。
タオルやお茶などを、会葬礼状と清め塩と一緒に渡します。
最近では、この会葬御礼の品物と合わせて、香典返しを式場で渡すケースが増えており、これを「即日返し」と呼びます。
喪主にとっては大変便利な即日返しですが、メリットとデメリットがあります。
この記事では、葬儀場での香典返しについてご説明いたします。

 

【香典返しとは】

 

まずは、香典返しがどういうものなのかについて確認しておきましょう。
いただいた香典には香典返しをします。
品物を贈るのですが、食べ物や飲み物やタオル類など、特に決まりはありません。
最近では価格別に設定された選べるギフトカタログも好まれています。
費用はいただいた香典金額の半分から3分の1程度のものでしょう。
10,000円いただいた人には3,000円~5,000円の品物をお返しします。

 

【2つの方法 後返しと即日返し】

 

本来、香典返しは葬儀後、四十九日法要にあわせて個別に発送して届けるものでした。
それぞれの金額に合わせて、贈り先にふさわしい品物を選ぶため、そして、四十九日法要が無事に済んだことの報告を兼ねていたからです。
いまでも丁寧なお返しは、後返しでしょう。
しかし、後返しの準備や手配は、葬儀後の遺族の負担となったため、即日返しが徐々に浸透してきました。

 

【後返しのメリットとデメリット】
 

メリット
■香典に応じて個別に品物を選べる
■贈り先の環境や好みに合わせて品物を選べる
■四十九日法要の報告ができる

デメリット
■香典の整理、リストの作成、商品の選定などの作業が負担

 

【即日返しのメリットとデメリット】

 

メリット
■葬儀後の香典返しのための作業が省けて、負担が軽減される
■品物の予算が一律のため、費用を安く抑えられる

デメリット
■四十九日法要の報告の場がなくなる
■即日返しの方法を知らない人から苦言を呈される

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top