葬儀のあれこれ

葬儀費用のあれこれ

お布施の相場

お布施とは、寺院に渡す謝礼のことです。
葬儀費用の中で一番不明瞭なのがこのお布施です。
この記事では、お布施とは何か、そしてお布施の相場について考えます。

 

【目に見えないものが相手だから、費用も不明瞭にならざるを得ない】

 

葬儀というのは、気持ちの整理のために行われます。
まだこのあたりをうろうろしているかもしれない故人様をきちんとあちら側に送り届ける。
残された者がきちんと死を受け入れられるようにする。
葬儀が扱うのは、こうした目に見えないものです。
だからこそ、金額が設定できないのですね。

「金額はお気持ちで」と言われると、言われたこちらはどうすればいいのか逆に困ってしまうのですが、しかし供養とは「気持ち」の問題で、お金を差し出す人がいくらなら納得できるか、というのが大事なのです。
お金のない人にとってのなけなしの10万円。
大金持ちにとっての100万円。
大事なのは金額の多い少ないではなく、その人の身の丈から見比べて、どれだけ一生懸命に故人様に対してお金を差し出したか。
そして、供養を任された寺院はその価値だけの「気持ちの整理」を導いてあげられたか。
このあたりが、お布施の本質ではないかと、筆者は思うのです。

 

【お布施の相場】

 

ここにお布施の相場を挙げますが、あくまでも参考程度にしてください。
なぜならば、お布施はどこまでいっても「お気持ち」だからです。
ましてや、Amazonやイオンの参入で、お布施はどんどん定額制になっています。
お布施の金額は安くてもいいのですが、安けりゃいいというものでもありません。
でなければ、喪主の供養も、寺院の価値も、すべてが等価になってしまうからです。

死後の世界も、死別の悲しみも等価だなんてことは、ありえないのです。
もちろん、戒名の位だけでお布施の金額が変わるというのも、おかしな話です。

 

戒名の位 金額の相場
院居士・院大姉 800,000~1,000,000円
院信士・院大姉 600,000~800,000円
居士・大姉 400,000~600,000円
信士・信女 200,000~400,000円

 

 

ちなみに、筆者の葬儀社としての経験ですが、「5万円でもいいですよ」と言ってくれるお寺もあれば、高圧的に200万円を要求するお寺もありました。
相場はあくまで相場に過ぎないので、寺院や葬儀社に相談しましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top