葬儀のあれこれ

葬儀の服装・マナーのあれこれ

数珠の使い方

葬儀や法事で必ず持参する数珠。
数珠は祈りのための大切な道具です。
この記事では、数珠についてご説明します。
 

 

【数珠は、本来は数を数えるためのもの】

 

数珠を「数の珠」と書くのは、数珠の珠を指先で繰りながら、念仏やお経の数を数えるためです。
正式な数珠は、108の珠を連ねた二連(重ね合わせて二重にして用いる)のものです。
しかし、略式の片手の数珠でもよいとされ、ほとんどの人はこの略式のものを用いています。

 

【数珠は、魔よけとしても考えられる】

 

数珠は「念珠」とも呼び、念じるため、祈るための道具です。
そのため、魔よけとしても考えられています。
たとえば、数珠の紐が切れることは縁起が悪いとも言われますが、反対に悪いものから身を守ってくれたためとも言われています。

 

【数珠の素材】

 

数珠は木玉、木の実(菩提樹)、天然石などがあります。
安価なものには、ガラスやプラスチックもあります。
また、房や紐は正絹や人絹(化繊)があり、素材によって費用はさまざまです。

 

【参列時の数珠の持ち方】

 

葬儀に参列するときは、数珠をカバンやポケットの中に入れて持参します。
念珠袋の中に忍ばせておくと、房や紐が乱れることもないでしょう。

 

【焼香時の数珠の持ち方】

 

焼香するときには、数珠は左手で持ちましょう。
右手を使って、お香を炭の上に落として焼香します。
略式の片手数珠の場合は、左手の親指と人差し指の間に数珠を掛けます。
長い二連の数珠の場合は、左右の中指に数珠を掛け渡してします。
数珠を手に持ち、両手を合わせて、心を込めてお祈りします。
 

 

【数珠が切れても修理できる】

 

万が一数珠が切れても、数珠店や仏具店に持って行くと修理してもらえます。
数珠は一生ものです。
大切に扱いましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top