葬儀のあれこれ

葬儀の服装・マナーのあれこれ

焼香の仕方

葬儀や法事では、焼香をして故人様の冥福を祈ります。
自席を立ち、焼香台に進むときというのは「自分の作法が間違っていないかな」「周りの人たちに見られていないかな」と緊張してしまうものです。
この記事では、そんな焼香について説明します。

 
【香を焚いて、故人様を供養する】

 

焼香とは、香を焚くための方法の1つです。
お線香も、焼香も、香を焚くという意味では同じ行為です。
ただし、複数の人が参列する葬儀で1人ずつが線香を立てていると、香炉の中がお線香でいっぱいになり、混雑が予想されます。
そのため、葬儀では焼香で香を焚きます。
仏教には「五供」と呼ばれる大切なお供え物が5つあり(花、灯、香、水、飲食)、お香はブッダが生きていた時代から、すでに仏や死者を礼拝する際に用いられていたほどです。
香を焚き、その場を清浄にして、故人様の冥福を祈るのです。

 

【焼香は、スタッフの指示に従う】

 

焼香の回数は宗派によって定められていますが、葬儀の時は、任意の回数で構いません。
参列者が多い時には、スタッフが焼香の回数を1回でお願いすることもあります。
席順に、あるいは並んでいる順番に焼香を行います。
スタッフの指示に従って、霊前まで進み出て、心を込めて焼香しましょう。

 

【焼香の作法】

 

焼香は、次の手順で行います。

 

1:数珠は左手に持っておく
2:スタッフの指示に従って霊前まで進む
3:喪主や親族に向かって一礼し、焼香台の前に立つ
4:祭壇中央のご本尊や故人様に向かって一礼する
5:香炉の中の抹香をつまんで、焼香する
6:心を込めて手を合わせ、合掌する
7:故人様に一礼。続けて喪主に一礼し、自席に戻る
 

 

【宗派別の焼香の作法】

 

焼香の回数は宗派別に定められています。

 

■天台宗 1~3回
■真言宗 3回
■臨済宗 1回
■曹洞宗 2回
■浄土宗 1~3回
■真宗大谷派 2回(額に押し戴かない)
■浄土真宗本願寺派 1回(額に押し戴かずに焚きます)
■日蓮宗 1~3回

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top