葬儀のあれこれ

葬儀の服装・マナーのあれこれ

香典の相場

葬儀では、香典を持参して故人様を悼みます。
お金を包む以外にも、お花や飲食物やお香のお供えなど、弔意の表し方もさまざまです。
昔はお香を供えていたことが、「香典」の語源になっています。
しかし、いろいろなものに交換可能なお金をお供えすることが最も遺族のためになるので、現在の形が普及したのでしょう。
この記事では、香典やその相場について説明します。
 

 
【香典の相場】

 

香典に決まりはありません。「想い」を包むものです。
しかし、一定の相場というものがあります。
香典の金額は相手との関係性によって決まってきます。
関係先別にまとめましたので、参考にしてみて下さい。

 

■親の葬儀の場合 30,000円~100,000円

自身の親の葬儀に香典を出すということは、兄弟の誰かが喪主を務めることです。
喪主を支えるために、ある程度のまとまった額を包みます。

 

■兄弟の葬儀の場合 30,000~100,000円

兄弟の葬儀も、家族の誰かが喪主と務めます。
家族間の葬儀は、関係性によるので、相場があってないようなものですが、喪主を支える意味でもある程度のまとまった額を包みます。

 

■夫もしくは妻の家族の葬儀の場合 30,000円〜100,000円

特に義父母の葬儀の時には、丁寧な対応をすることで、両家のつながりをより強固なものにします。

 

■親戚の葬儀の場合 10,000円〜30,000円

親戚との間柄や親密度に応じて金額を決めましょう。

 

■会社の同僚や部下の場合 3,000円〜5,000円

会社の同僚や部下の場合は、個人で香典を出すだけでなく、部署で一つの包みにまとめて出すこともあります。

 

■知人・友人の場合 5,000円~10,000円

プライベートな間柄なので、慣例よりもむしろ「想い」を大事にしましょう。

 

■隣近所の場合 3,000~5,000円

隣近所への香典は、自治会などでとり決められていることもあるので、それに準じましょう。

 

【香典袋の選び方・表書き・お金の包み方】

 

 

香典袋は宗教別に選びます。

 

■仏教の場合

不祝儀袋に「御香典」「御霊前」と書きます。
浄土真宗では「御仏前」とします。

 

■神道の場合

「御玉串料」と書きます。

 

■キリスト教の場合

「御花料」と書きます。
十字架や花柄が印字してあるものもあります。

 

香典袋は袱紗に入れて持参します。
袱紗から取り出し、袱紗の中の台や、袱紗そのものの上に香典袋を置く形で香典を差し出しましょう。
「大変ご愁傷さまです」や「御霊前にお供えください」などの言葉を添えるとより丁寧な渡し方になります。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top