葬儀のあれこれ

葬儀の服装・マナーのあれこれ

葬儀に参列できない時の対応法

訃報を受け取ったものの、参列したいけどどうしてもできない!
こうした時にはどのようにすればいいのでしょうか?
まずはその想いを伝えることですが、それにもいくつか方法があります。
この記事では、葬儀に参列したいけれどできない時の対応方法をまとめました。

 
【電話などで喪主や遺族に伝える】

 

可能であれば、参列したいけれどできない旨を伝えておきましょう。
連絡方法は、電話に限りません。
メールやLineなどのサービスを用いてもよいでしょう。
相手先は慌ただしくしていることが予想されるため、迷惑がかからないようにしましょう。

 

【代理人を立てる】

 

自身が参列できない場合は、代理人を立てることもあります。
特に会社関係などでは、部署の代表者が参列をし、参列できない人たちの香典も代理で差し出します。
香典は個別に包むケースと、複数人で1つの香典袋にまとめるケースとがあります。
いずれにせよ、代理人は受付でその旨を伝えましょう。
 

 

【弔電を打つ】

 

葬儀に参列できない代わりに弔電を打ちます。
弔電とは、お悔やみの気持ちを伝える電報のことです。
スピード感があり、そこまでかさばらないので、弔意を伝えたいのであれば最適でしょう。
申込はNTTなどの通信会社や、独自の弔電会社にて手配しましょう。
電話オペレーターに伝える方法と、インターネット入力の2つの申込方法があります。
弔電は通夜に間に合うように手配し、葬儀告別式の中で紹介されます。
19時までの受付で当日配達に応じてもらえます。

 

【供花を送る】

 

供花とは、葬儀式場の祭壇脇などに飾られるお花のことです。
葬儀の供花の場合、祭壇や他の人との調和をとるために、仕様や金額が限定、または指定されていることがあります。
供花は担当の葬儀社に申し込んで手配してもらいましょう。

 

【後日あらためて弔問に出向く】

 

葬儀の参列がどうしても叶わず、それでも故人様に手を合わせたい人は、葬儀が終わったあとに改めて自宅に弔問に出向きましょう。
ただし、葬儀後も遺族の人たちは慌ただしい思いをしています。
事前に電話で相談をし、迷惑がかからないように気をつけましょう。
また、弔問に出向く時は、御香典を持参しましょう。
さらになにかを添えてお渡ししたい場合は、お花や線香などのお供えを用意すれば、より丁寧なお悔やみになるでしょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top