葬儀事典トップページ > 葬儀のあれこれ > 葬儀準備のあれこれ > 事前に葬儀社を決めておくことでいざという時の負担が軽減できる

葬儀のあれこれ

葬儀準備のあれこれ

事前に葬儀社を決めておくことでいざという時の負担が軽減できる

身内に不幸が起きると、事前に予想していた以上にバタバタしてしまいます。
おそらく喪主を務める経験など、一生に一度あるかないかのことでしょう。
ただでさえ大切なご家族が亡くなった悲しみや戸惑いに襲われます。
そのような状況下で、病院とのやりとり、葬儀社の手配、寺院や親戚への連絡など、葬儀に向けて一度にたくさんのことをしなければなりません。
事前に葬儀社を決めておく、さらには、おおまかでもよいので葬儀の方向性を決めておくことで、ご家族の心労や負担は大きく軽減されます。

 
【事前相談をおすすめします】

葬儀はいつ発生するか分からないものですが、もしも身内に危篤の方がおられるのであれば、いくつかの葬儀社を問い合わせてみましょう。
葬儀の希望(参列人数や予算などの方向性)を伝えると、その人に見合った提案をしてくれるでしょう。
最近は、電話やインターネットなどでも見積もりを取り寄せることができます。
空いた時間に事前相談をしておきましょう。

 

【費用と全体の流れを知っておくとことはとても有意義】

 

葬儀にどれくらいの費用がかかるか。
どのような流れで進んでいくのか。
これらを事前に知っているといないとでは、大きな差があります。
事前相談のうちに、葬儀プランや、参列者など、細かい打ち合わせができていれば尚よしです。
いざ葬儀が発生した時に、細かい打ち合わせをする必要がなく、ゆっくりと故人様と向き合うことができます。

 

【複数の葬儀社を比較してみる】

2~3社でもいいので比較検討できるとよいでしょう。
費用、会館、プラン内容などもさることながら、やはりスタッフの能力や人柄を見極めることができます。
気配りの行き届いた対応が、葬儀の満足度には大きく左右されます。
電話、インターネットだけでなく、時間があれば式場を見学するのもよいでしょう。
自分たちの大切なお葬式が、どのような場所で、どう執り行われるかをイメージすることで、安心感が増します。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top