葬儀のあれこれ

宗派のあれこれ

浄土宗の葬儀

浄土宗とは、平安時代後期から鎌倉時代を生きた法然が開いた仏教宗派です。
この記事では、浄土宗の葬儀について説明します。

 
【浄土宗の基本的な情報】

 

浄土宗は、法然が開いた宗派です。
浄土宗の本尊は阿弥陀如来で、「南無阿弥陀仏」の名号を称えます。
浄土宗はいくつかの諸派に分かれますが、代表的なのは鎮西派です。
本尊は知恩院です。
その他、西山浄土宗(本山は光明寺)や、西山禅林寺派(本山は永観堂禅林寺)などがあります。
平安時代の仏教は「鎮護国家」と呼ばれ、国家権力と結びついていました。
しかし、末法思想がはびこる世の中で民衆のための仏教を掲げて歩み寄った法然は多くの信仰を集めました。
法然は難しいことを言いませんでした。
「南無阿弥陀仏」と念仏するだけで、阿弥陀如来の作られた極楽浄土に往生できると説いたのです。

 

【浄土宗の葬儀】

 

浄土宗の本尊は阿弥陀如来です。
浄土真宗でも阿弥陀如来を祀りますが、浄土宗の場合は光背が舟型になっているのが特徴です。
焼香の回数は1回から3回のいずれでもよいとされています。
位牌に刻む戒名の頭に阿弥陀如来を表す梵字「キリーク」が入り、戒名の中に「誉」の字が入っています。
これを「誉号」と呼びます。
葬儀では、他の宗派と同じく、引導と授戒が儀礼の中心となります。
ただし、浄土宗の引導は「下炬引導(あこいんどう)」と呼ばれ、昔は松明に火をつけて、葬儀式の中で故人様を火葬にしたそうです。
今ではそのまねごとの儀礼が行われます。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top