葬儀のあれこれ

宗派のあれこれ

臨済宗の葬儀

臨済宗とは、中国で始まった禅宗のうちの1つの流派です。
日本に臨済禅を持ち込んだのは鎌倉時代の僧侶・栄西です。
この記事では臨済宗の葬儀について説明します。

 
【臨済宗の基本的な情報】

 

臨済宗は、「禅宗」に含まれるうちのひとつの宗派です。
そもそも禅の教えは「血脈相承」が基本です。
つまり、特定の仏(本尊)や教典に頼ることなく、師匠から弟子に直接に教えを受け継ぐことを大切に考えています。
そのため、宗教としての教義を明文化して定義付けしているわけではないために、さまざまな宗派に分裂しがちな性格を持ちます。
臨済宗も、中国の中にある禅宗のさまざまな流派が分裂してできたうちの1つですし、現在の日本の臨済宗も、14の諸派に分かれています。
ですから、宗派全体としての本山もなく、諸派別に本山寺院を構えます。
最も大きな流派は臨済宗妙心寺派です。

 

【臨済宗の葬儀】

 

臨済宗の本尊は釈迦如来です。
唱える言葉は「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」です。
焼香の回数は基本的には1回ですが、2回でも、3回でもよいとされています。
葬儀の目的は、他の宗派と同じで引導と授戒です。
 

 

【臨済宗の教え】

 

臨済宗の最も基本的な教えの実践は「坐禅」と「看話禅(かんなぜん)」です。
坐禅はなんとなくイメージができるでしょうが、看話禅とはいわゆる禅問答のことです。
師匠から出された公案(弟子が修行をするために示される問題)に対して、数年かけて答えを探すのだそうです。
また、その答えを導きだすまでの行程こそが修行だと考えられています。
臨済宗は室町時代に幕府と結びつき、室町文化の発展に大きく寄与しました。
一時衰退するものの、江戸時代の僧侶・白隠慧鶴(はくいんえかく)によって再建され、
現在の臨済宗があります。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top