葬儀のあれこれ

宗派のあれこれ

キリスト教の葬儀

キリスト教とは、全世界に20億人以上の信者を持つ世界最大の宗教です。
日本におけるキリスト教徒、ならびにキリスト教葬儀の割合は、全体から見ると少数なので、いざキリスト教の葬儀に参列しなければならなくなると、多くの人は戸惑うかもしれません。
この記事ではキリスト教の葬儀についてご説明します。

 

【キリスト教の基本的な情報】

 

キリスト教は、主にカトリックとプロテスタントに分けられます。
カトリックは、ローマ法王を中心としたキリスト教の最大会派。
伝統を重んじます。
一方、プロテスタントとは、ルターらによる宗教改革で、カトリックに対抗してできた教派の総称です。
ですから、「プロテスタント」という名前の教派があるわけではなく、さまざまな教派をまとめて呼んでいます。
カトリックが儀式や伝統性を重んじるのに対し、プロテスタントは聖書主義だと言われています。

 

【キリスト教の葬儀】

儀礼や伝統を重んじるカトリックの葬儀は原則として教会で執り行われます。
また、信者の葬儀のみを受け付け、その教会にて洗礼を受けていない人は葬儀ができないかもしれません。
一方、プロテスタントは比較的自由で、教会ではなく斎場で葬儀を執り行うこともありますし、信者でない者の葬儀も受け付けてくれます。
カトリックの方が、より厳粛に儀式性を帯びています。
とはいえ、両派に共通して、以下のようなことが執り行われます。

■祈り
■神父(牧師)による聖書の朗読
■聖歌あるいは賛美歌の斉唱
■参列者による献花

 

【キリスト教の参列のマナー】

 

キリスト教の葬儀に参列する時は、以下の点に気をつけましょう。

■服装は黒の略礼服で構いません。
■数珠は不要です。
■不祝儀袋は「御香典」ではなく、「御花料」や「献花料」と書かれたものを準備しましょう。
十字架が印字されたものもあります。
■焼香ではなく献花をします。
教会の人や葬儀スタッフの指示に従いましょう。

 

 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top