葬儀のあれこれ

葬儀準備のあれこれ

喪主の決め方

喪主とは、弔いの中心となる人のことです。
葬儀社やお寺や親戚などの窓口となり、葬儀や供養を取り仕切ります。

 
【昔は長男が喪主だった】

 

戦前までの旧民法では、喪主はその家の家督を継ぐものとして長男、あるいはそれに準じるものが務めていました。
旧民法では、その家の祭祀用具(仏壇、位牌、墓など)は、財産とともに原則として長男が継ぐことが定められていた(長子相続)ので、必然的に喪主も務めました。
戦後の民法ではそのような定めはありません。
財産相続は法定相続人に分割されますし、祭祀相続も長男である必要はありません。

 

【葬儀後の供養を取り仕切る人が喪主をするのがよい】

死者供養は葬儀だけでなく、その後の法事などもしなければなりません。
そのことも考えて喪主を決めるのがよいでしょう。
たとえば子供が3人いたとして、次男が両親と一緒に住んで介護もしていた。
この場合、次男が喪主を務める、というのはよくある話です。

 

【葬儀では、親族全員が喪主を支えよう】

喪主と役割は大変です。
それぞれの方面の窓口になるだけでなく、費用の工面もしなければなりません。
昔は喪主と施主が別れていました。
ですから、親族全員で喪主を支えながら、葬儀やその後の供養を進めるのがよいでしょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top