葬儀のあれこれ

葬儀後にすることのあれこれ

香典返しの手配

香典返しとは、いただいた香典に対してのお返しのことです。
香典返しは、いつ、どのような形で、どんなものを送ればよいのでしょうか。
この記事では、香典返しについてご説明いたします。

 
【後返しと即日返し】

 

香典返しには2つの方法があります。
葬儀後に日を改めて品物を発送する「後返し」と、葬儀当日に香典返しの品物を配る「即日返し」です。
従来の方法は後返しです。
これは、いただいた人に見合ったお返しものを時間をかけて選定するためでした。
また、香典返しは、無事に四十九日法要を終えたことの報告も兼ねていたためです。
最近では、遺族の手間をとらせないことから即日返しが普及しているようです。

 

【後返し】

 

後返しとは、四十九日法要を無事に終えたことの知らせを兼ねて、香典返しを個別に送ります。
葬儀後に手間をかけてしまいますが、本来の、そして丁寧なお返し方法です。

 

後返しのメリット

■香典金額に照らし合わせてその人に見合う品物を用意できます。
■四十九日法要は親族しか参列しませんが、香典をいただいた人たちに法要を無事に済ませたことの報告ができます。

 

後返しのデメリット

■香典の確認、リストの作成、商品の選定など、葬儀後の手間が煩雑です。

 

【即日返し】

 

即日返しとは、葬儀の会場で香典返しを渡す方法です。
葬儀後の負担の軽減になります。
地域によっては、一律のものを配るケースと、金額別の商品を用意しておくケースとがあります。

 

即日返しのメリット

■葬儀後の手間が省けます。
■お返しが1度で済むため、費用を安く抑えられます。

 

即日返しのデメリット

■香典金額に関わらずお返しが均一になってしまいます。
■即日返しを知らない人は、葬儀で手渡された品物を会葬御礼品(参列者全員に配る簡単なお返し物)と勘違いしてしまいます。

 

 

【香典返しの金額】

 

香典返しは、いただいた金額の半分から3分の1と言われています。
もしも10000円の香典をいただいたら、3000円から5000円程度の品物を選ぶとよいでしょう。

 

【香典返しに選ばれるもの】

 

焼き菓子の詰め合わせやお茶やコーヒーなど、あとに残らないものがよく選ばれています。
その他、タオルや食器などを選ぶ方もいるでしょう。
最近は、価格悦のギフトカタログが人気です。
1つ1つ品物を選ぶ手間も省けますし、いただいた側も好きなものを選べます。
 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top