葬儀のあれこれ

葬儀後にすることのあれこれ

中陰の追善法要

葬儀を終えたあとも、寺院を自宅に招き、手厚く故人様を供養します。
初七日法要から始まる「追善法要」は、二七日、三七日と続き、七七日(四十九日)で一つの区切りがつきます。
この記事では、追善法要についてご説明します。

【追善法要とは、葬儀後七日ごとに行う法要】

葬儀を終えた後も、死者供養は終わりません。
初七日、二七日と、七日ごとの法要は四十九日まで続き、さらには百か日、一周忌、三回忌と、間隔は空くものの、供養のための法要は33年まで続きます。
葬儀を終えた直後、これだけ手厚く供養するのは、それだけひとりの人間の死が家族や社会に与える影響が大きいことを意味します。

 

【追善法要の意味】

 

人は亡くなると49日の期間を経て、次に生まれ変わる先が決まると言われています。
この期間を「中陰」と呼びます。
生まれ変わる先は、生前の行いによって閻魔王が裁きを下すのですが、「少しでもいい世界に生まれ変わりますように」と、遺族は法要を営み、あとを追うようにして善徳を積むのです。
そのため「追善」の文字が用いられます。

 

【省略される追善法要】

最近では、追善法要は省略されるのが通例になってきました。
現代人は、仕事や学校に忙しいですから、葬儀の終わったまた数日後に初七日法要に集うということが少なくなりました。
初七日法要は、葬儀当日に繰り上げて行われます。
火葬後に執り行われるのが慣例ですが、あるいは葬儀式の中に組み込むケースもあります。
また、初七日の次は四十九日法要までしない。
つまり、間の二七日から六七日までを省略するケースが非常に増えています。
関西地方をはじめとする地方部では「逮夜参り」と言ってまだこの慣例が残っていますが、ライフスタイルの変化によって徐々に見られなくなっていくのでしょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top