葬儀のあれこれ

葬儀後にすることのあれこれ

四十九日法要の準備

四十九日法要は、葬儀後の供養の中でも最も重大な意味を持つ法要です。
仏教的には来世の行き先が決まる大切な時ですし、日本の民俗的には死霊が祖霊となって先祖の仲間入りになる時です。
家族にとっては未だに悲しみは残るものの、四十九日法要を境に忌が開け、日常を取り戻していきます。
そんな大切な四十九日法要までに準備しなければならないものをまとめました。

 

【日程と場所の決定】

 

日程と場所は 菩提寺と打合せして決めましょう。

 

■日程

本来は死後49日目に行うべきものですが、親族の集まりやすいよう配慮します。
死後49日目の手前の土日や祝日にするのがほとんどです。
忌日を過ぎた法要はよくないとされています。
また、三月にまたがる法要はよくないとし、死後35日(五七日)で法要をすることもあります。

 

■場所

場所は、寺院か自宅で執り行います。
また、葬儀会館を利用することもあります。
仏間に人が入りきれるか、交通の便がいいかなどから総合的に判断しましょう。

 

【会食の決定】

 

法要後の会食について考えておきましょう。
仕出し料理店に依頼すると、自宅やお寺に料理を運んでもらえます。
また、料理店を利用する人も多くいます。

 

【参列者への案内】

 

日程と場所が決まったら、参列してほしい人にはすみやかに知らせます。
電話やメールでも構いませんが、法要の案内状を送るとより丁寧でしょう。

 

【仏壇や位牌の用意】

 

四十九日までは白の仮祭壇で祀られていた故人様。
四十九日を終えますと、晴れてご先祖様の仲間入りとなるために、仏壇で祀られます。
それにあわせて、白木の位牌から漆塗りや唐木の位牌で祀ります。

 

■仏壇

仏壇のない人は、四十九日法要に間に合うように仏壇を手配しましょう。
仏間がある場合は仏間の寸法を測り、無い場合は仏壇を置く場所を決めてから、仏壇店に出向きましょう。

 

■位牌

仏壇を新たに購入する場合は位牌も一緒に購入します。
位牌とは、故人様の戒名や生前の名前などを彫刻した木の板です。
位牌はご先祖様そのものだと言われていますので、仏壇の中でも特に大切なものです。
仏壇の大きさに合わせて位牌の大きさも決まります。
詳しくは仏壇店にアドバイスしてもらいましょう。

 

■位牌の追加彫刻

もうすでに自宅に仏壇がある場合は、新たに位牌を作成します。
ご先祖様の位牌の種類や大きさを参考にしましょう。
また、1つの位牌に夫婦並べて文字を彫る、いわゆる「夫婦彫り」という彫り方があります。
いまある位牌がひとり分だけ彫ってあり、追加で新たな故人様の文字を彫る場合は、まず寺院に「性根抜き」をしてもらい、それから仏壇店に位牌を持参しましょう。

 

【引き物の準備】

 

引き物とは、法要に参列した人たちへのお礼の品物です。
1組に1つ用意します。
あとに残らないものとして、食べ物や飲み物、またタオルのセットなども選ばれます。

 

【香典返しの準備】

 

香典返しは四十九日法要を済ませたことの報告も兼ねて発送します。
葬儀の時にいただいた香典を整理して、リストを作成し、それぞれに品物を選定しましょう。

 

【墓石の追加彫刻】

 

もしも四十九日法要に納骨をする場合は、故人様の戒名や命日などをその日までに彫刻してもらいましょう。
石材店に依頼します。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top