葬儀のあれこれ

葬儀後にすることのあれこれ

中陰壇の飾り方

中陰とは、死後四十九日までの期間のことを指します。
仏教では、次に生まれ変わる世界が決まるまでの猶予期間とされており、家族は喪に服して故人の供養に努めます。
また、日本の民俗では、死後の魂である「荒魂(あらみたま)」は、四十九日を経ることで「和魂(にぎみたま)」になると考えられていました。
死霊が祖霊になるのですが、そのためには遺された家族による供養が不可欠でした。
この記事では、中陰の間、故人様をお祀りする「中陰壇」についてご説明します。

 
【中陰壇とは】

 

四十九日の忌明けまでは、故人様を中陰壇でお祀りします。
中陰壇を「後飾り」などと呼んだりもします。
中陰壇には遺骨、位牌、遺影を並べます。
その他、五具足(ごぐそく:花、灯、香のこと)やお供え物を並べ、故人様を手厚く供養します。
中陰壇はすべて白のものを使用します。
白木の机、白布、白無地の仏具、白木位牌など、死者を祀る中陰壇と、先祖を祭る仏壇では使用するものを分けます。

【中陰壇の設置】

 

中陰壇は、葬儀のプランに含まれている場合、葬儀社スタッフが設置してくれるでしょう。

 

【中陰壇を設置する場所】

 

中陰壇は、仏壇のある仏間に設置します。
仏間や仏壇がない場合は、手を合わせるのにもっとも収まりのいい場所を選びましょう。

 

【中陰壇の祀り方】

 

中陰壇にはさまざまな形がありますが、最も多いのは3段構造のものでしょう。
上段には遺骨、位牌、遺影を祀ります。
中段に仏飯や茶湯や果物などのお供え物を並べます。
また四十九日間は白木のお膳を供えます。
動物を殺生しない精進料理(飯、汁、煮物、和え物など)を用意します。
下段に五具足(生花1対、灯明1対、香)を並べます。

 

【巻線香】

巻線香とは、10時間近く燃焼する渦巻き型の線香のことです。
葬儀の時にはお線香の「寝ずの番」をしますが、葬儀後もその必要があるかどうかは地域性にもよります。
筆者の経験では、関西地方では葬儀後も巻線香をします。
一方、関東地方では葬儀後は使用しません。
お線香には、その場の空気を清めるという意味と、遺体から発する臭いをかき消すという意味があります。
「遺体は遺骨になったから巻線香は不要」という考え方。
「四十九日まではきちんとお線香を上げて供養したい」という考え方。
そのどちらを採用するか、によるのでしょう。
なお、火の扱いには充分に気をつけてください。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top