葬儀のあれこれ

葬儀後にすることのあれこれ

檀家になるってどういうこと?

檀家とは、寺院を支える家のことを指します。
また、檀家に対して、寺院のことを菩提寺と呼びます。
この記事では、檀家になることがどういうことなのかをまとめました。

 
【檀家制度は江戸時代から】

 

檀家制度(菩提寺と檀家の関係)は江戸幕府の政策によって始まりました。
庶民は、必ずどこかの寺院の檀家になることを強制したのです。
菩提寺は檀家の先祖や死者の供養を独占的に取り仕切り、檀家は寺院を支えました。
1つの集落には最低1つの寺院があり、ほとんどの場合、その集落の住民はその寺院の檀家になりました。
信教の自由が保障されている現代では必ずしも檀家になる必要はありませんが、古い先祖の供養を昔からしてもらっている菩提寺がある場合、心情的に簡単に縁を切れるものでもありません。
そうした面からも、檀家制度はいまでも残っています。

 

【檀家がしなければならないこと】

 

寺院の檀家になると、金銭面だけでなく、さまざま面から寺院の運営を支えなければなりません。
お寺の修繕や大きな法要がある時は寄付を求められますし、毎年の法要などの行事にも参加しなければなりません。
しかし、いまでは住職は世襲制ですから、寺院は住職のもののようになっていますが、本来寺院というのは檀家のものです。
檀家同士で寺院をきれいに整え、痛んだところがあれば修繕し、本山から住職を招いたのです。
いまでも、住職の息子の進学費用を檀家が出し合うというところがあるほどです。
みんなの先祖を祀る寺院をみんなで支え合う、という考え方からスタートしているのです。

 

【お寺とつながっていることの利点】

 

檀家制度が信教の自由を縛ると考える人もいます。
しかし、自分たちが生まれる前から自分たちのルーツである先祖を祀ってくれている寺院の存在には一定の意義があるようにも思えます。
どんな時代になっても、親が子を生み、子が親を弔うという営みは変わりません。
そして、その親子関係の延長が先祖関係に当たります。
代々続く菩提寺との関係は、自分たちのルーツを感じられる大切な機会でもあるのです。
 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top