葬儀のあれこれ

葬儀後にすることのあれこれ

お墓を建てる時期

葬儀後の遺骨は、しかるべきタイミングでお墓の中に埋葬します。
お墓がある家はいいのですが、お墓がない家は、新たにお墓を建てなければなりません。
お墓はいつまでに建てればいいのでしょうか。
この記事ではお墓を建てる時期についてご説明します。

 

【お墓はいつ建ててもいい】

お墓はいつ建てても構いません。
身内に不幸がなくても、生前にお墓を建てても構わないほどです。
お墓を建てる時期や納骨の時期に決まりはないのです。
いまでは火葬が主流ですが、ひと昔前では日本でも土葬が主流でした。
土葬の場合は、遺体の腐敗が進行してしまうために、いちはやく埋葬しなければなりませんでしたし、埋葬地の上にはなんらかの墓標を置きました。
しかし現代は、99%以上の人が火葬で遺骨になるので、衛生面での心配はほぼないため、逆にずっと自宅に遺骨を置いておく人もいます。

 

【葬儀や埋葬は、気持ちの整理のために行う】

 

亡くなった人を送り出すための葬儀や、遺骨の埋葬や、遺された家族の”気持ちの整理”のために行われます。
「遺骨が自宅にある間は気持ちが落ち着かない」とはよく聞かれる言葉です。
わたしたちはきっと、遺骨が自然に還ることで安心感を得るのでしょう。
遺骨の埋葬は、供養をする上で、気持ちに区切りをつけるための大切な営みだと思われます。

 

【一周忌や三回忌などの区切りを目安にする人が多い】

「お墓はいつ建ててもいい」とは言ったものの、なにかしら意味のある日でないと家族の心情もしっくりこないようです。
多くの人は、一周忌や三回忌あたりまでにお墓を建立します。

 

【生前墓という考え方】

 

お墓は亡くなった人を埋葬するために建てると考える人が大半でしょう。
しかし、お墓には埋葬のほかに、もう1つ大きな役割があります。
遺された家族がこの世の幸せを祈るためのものです。
ですから、生前にお墓を建てることを「寿陵」と呼び、大変おめでたいことだとされています。
生前墓のルーツは秦の始皇帝に始まり、日本では聖徳太子から最近では昭和天皇までが生前に自身のお墓を建立しています。
故人の冥福を祈るだけでなく、自身の幸福を祈るために、お墓はあるのです。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top