葬儀のあれこれ

仏壇の基礎知識あれこれ

仏壇の価格

一生で1度あるかないかの仏壇の購入。
普段買い求めないものだからこそ費用相場も分からないものです。
この記事では、仏壇の価格についてご説明します。

 
【唐木仏壇は50万円~100万円】

 

唐木仏壇の費用相場は50万円から100万円くらいでしょう。
以下にまとめた要素によって価格が決まってきます。

■材質
唐木仏壇は銘木を使用した仏壇です。
黒檀、紫檀、鉄刀木(タガヤサン)などの外国の木材だけでなく、栓、桐、ケヤキ、槐(えんじゅ)、屋久杉などの日本の銘木も用いられます。
こうした材質として使われる木材によって費用が変わります。

■工法
仏壇の木材は、芯材に貼りつける(業界では「練り付け」と呼びます。
芯材には朴(ほお)やMDF(中密度繊維板)などが用いられ、その表面に紫檀や黒檀などの銘木を貼りつけるのです。
この貼りつけ方が、前面だけ、二方、三方、四方と、貼る面積が増えることで、費用も高騰します。
中には、「無垢」といって、すべてを銘木にすることもあります。
また逆に、銘木を使用せずに、木目を印刷した転写フィルムなどを貼り付けたものであれば、品質は劣るものの、安価に購入できるでしょう。

■大きさ
仏壇の大きさによって費用は大きく異なります。


 

【塗り仏壇(金仏壇)は100万~150万円】

 

塗り仏壇(金仏壇)の相場は100~150万円でしょう。
主に浄土真宗専用の仏壇として使用されている塗り仏壇ですが、費用の違いが大きく出るのは、それだけ職人の手の掛け方が異なるからです。

■漆
「塗り仏壇」と呼ばれるのは漆塗りが大きな特徴だからです。
黒塗りの部分はもちろんですが、金箔を押す部分もまずは下地に漆を塗ります。
昨今は純粋に漆の木から採れる産出量が激減しているために、カシューの樹液を用いた「カシュー漆」やウレタン塗装が多くなっており、この場合は多少安価に抑えられるでしょう。

■金
塗り仏壇を金仏壇と呼ぶように、まばゆい金箔はもう1つの大きな特徴です。
使用する金箔の号数(1号金、2号金など)によって価格が変わりますし、金箔以外にもさらに高価な金粉、逆に安価な金塗装などの方法があり、工法によって価格が上下します。

 

【家具調仏壇は50万円前後】

 

家具調仏壇の値段の相場は50万円前後でしょう。
仏間ではなく、リビングや寝室などに合うようなデザインが特徴の仏壇です。
唐木仏壇や塗り仏壇に比べると、その構造や工法はシンプルなため、比較的価格も安めでしょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top