葬儀のあれこれ

仏壇の基礎知識あれこれ

仏壇の買い替え

古い仏壇を新しく、あるいは家を引っ越すために大きい仏壇を小さく。
こうしたニーズから、仏壇の買い替えが非常に多くなっています。
買い替えの場合、ほとんどの人は大きいものから小さいものに、買い替えます。
全体的に住宅が狭小化している、あるいは仏間のない家が増えていることを如実に表しています。
この記事では、仏壇を買い替える際に気を付けることなどをまとめました。

 

【仏壇を買い替える人たち】

 

仏壇を買い替えるのは、次のような人たちです。

■家を引っ越す人
新たな家がいまよりも小さく、いまある仏壇が入らないというケースです。

■家をリフォームする人
家がリフォームして間取りが変わる人、あるいは家がきれいになるのにあわせて仏壇も新しいものにしたいと考えるケースです。

■いまある仏壇が古くなった人
引っ越しやリフォームを伴わなくても、古い仏壇のお祀りに不具合を感じている人たちです。

 

【古い仏壇の処分は、仏壇店に依頼する】

 

新たに仏壇を購入する仏壇店では、きっと古い仏壇の処分にも応じてくれますので、相談してみましょう。

 

【使える仏具は使用する】

 

新たな仏壇に新たな仏具を構えてもいいのですが、これまでご先祖様が使ってきた仏具を使用するという方法もあります。
ただし、仏壇が小さくなると仏具の適正サイズも小さくなるので、新たな仏壇に入るかどうか、注意しましょう。

 

【仏壇の処分には必ず性根抜きを】

 

仏壇を処分する前には必ず寺院に性根抜きをしてもらいましょう。
仏壇の中には、本尊や(仏像や掛け軸)や位牌など、性根が込められているものがあります。
これらの性根が入っている状態で処分することは、仏さまやご先祖様を粗末にすることと同じです。
また、仏壇店も、性根抜きされていない仏壇や本尊や位牌を触ることはないでしょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top