葬儀のあれこれ

仏壇の基礎知識あれこれ

仏壇の処分

引っ越しをして家を解体する人や、跡取りがいなくて永代供養にする人など、さまざまな理由で仏壇を処分する人が増えています。
親子が同じ家で暮らすことすら少なくなった現代では、1つの仏壇を代々に渡って受け継ぐということ自体が減っているために仕方のない現象なのかもしれません。
しかし、ご先祖様が代々祀り、祀られてきた仏壇です。
処分をするにしても敬意をこめて処分したいものです。
この記事では、仏壇の処分についてご説明します。

 

【処分の前には必ず寺院に性根抜きをしてもらう】

 

仏壇を処分する前には必ず寺院に性根抜きをしてもらいます。
仏壇の中、あるいは本尊や位牌の中には仏さまやご先祖様がおられます。
これらを勝手に処分することは、仏さまやご先祖様を粗末にすることに他なりません。
ですから、自宅まで寺院に来てもらい、閉眼法要(浄土真宗では遷仏法要)、つまりは性根抜きをしてもらいましょう。

 

【仏壇の処分は仏壇店に依頼する】

 

性根抜きが済んだ仏壇はどのように処分しても構いませんが、仏壇店に依頼するのが一番良いでしょう。
仏壇のサイズや、仏間までの導線などによって必要人数が変わり、その分費用も増減するでしょう。
極端な例だと、2階にある大きな仏壇が階段では下ろすことができないために、窓から吊るして下ろすこともあります。
これだと通常よりも割高にならざるを得ないでしょう。
まずは見積を依頼しましょう。

 

【引取費用の相場は5万円前後】

 

仏壇の引き取り処分の相場は5万円前後でしょう。
コンパクトな仏壇であればこれよりも安くなりますし、大きいサイズのものであればこれよりも高くなります。

 

【仏具もまとめて引き取ってもらえる】

 

仏壇に付随する仏具も引き取ってもらえるでしょう。
費用は業者によって異なりますが、段ボール一箱分で数千円でしょう。

 

【貴重品を事前に確認しておく】

 

仏壇は、奥の方にも収納スペースがあったりと、中から思わぬものが出てきます。
証書類、金品、写真などの思い出の品が納まっていることもあるので事前に確認しておきましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top