葬儀のあれこれ

仏壇の基礎知識あれこれ

仏壇の引っ越し

今住んでいる場所から、別の場所に仏壇を引っ越す場合は、どのような手順を踏めばいいのでしょうか。
この記事では、仏壇の引っ越しについてご説明します。

 

【いまの仏壇が新しい場所に納められるか】

いまある仏壇が引っ越し先の場所で納まるかどうかはきちんと確認しておかなければなりません。
仏壇の幅、高さ、奥行きはきちんと測っておきましょう。
また、仏壇のまわりは、経机、座布団、鳴り物(りんや木魚など)、線香、ローソク、掃除用具などでいろいろなものが置かれます。
それらも含めてスペースが確保できるか、事前に考えておきましょう。

 

【仏壇を引っ越す際は必ず寺院にお性根抜きをしてもらう】

 

仏壇を引っ越すときには、必ず寺院を招いて読経してもらいます。
これを、「閉眼法要」や「遷座法要」と呼びます。
仏壇の中央に祀られるご本尊(中心となる仏さま)は、掛軸や仏像で表されており、その中には性根や魂が込められています。
仏壇を動かすときには、一度性根や魂を抜いてもらい、新たな場所に引っ越したあとに、また性根や魂を入れてもらいましょう。

 

【引っ越し作業は仏壇店に依頼する】

 

お仏壇の引っ越しは、仏壇店に依頼しましょう。
引っ越し業者では、仏壇の扱いを受けつけてくれるところとそうでないところがあるでしょう。
魂が込められたものへの畏怖感や、仏具の飾りつけの専門性などから、仏壇を触りたがらない引っ越し業者はたくさんあります。
それに比べて、仏壇店は仏壇や仏具のプロですから、安心して任せられるでしょう。

 

【仏壇の引っ越しの手順】

 

仏壇はどのように運び出されるのか、その手順をまとめました。

■お性根抜き
まずは寺院に来てもらってお性根抜きをしてもらいましょう。

■仏壇店に連絡
仏壇店に引っ越しの依頼をしましょう。
自宅に来てもらって見積もりを取ってもらいます。

■仏壇店による引っ越し作業
契約した仏壇店に引っ越しをしてもらいます。
仏具を全て取り外し、1つずつ梱包します。
その後、仏壇を養生して梱包します。
引き出しや収納の中には、金品や証書類が入っていることもあります。
この際にきちんと確認し、家族が保管しておくことをおすすめします。

■新しい場所への納入
新しい場所に仏壇を納入します。
仏壇店にきちんと仏具を飾りつけしてもらいます。

■お性根入れ
引っ越しが終わったら、寺院を招いてお性根入れをしてもらいます。
「開眼法要」や「入仏法要」とも言います。

 

【小さな仏壇であれば自分で引っ越しても構わない】

 

もしも仏壇が小さかったり、仏具の飾りつけもシンプルで、自分自身で引っ越しができそうであれば、無理に仏壇店に依頼する必要はありません。
移動の際は仏壇を傷つけないように気をつけましょう。

 

【仏壇の引っ越しの相場】

 

仏壇の引っ越しの相場は30,000円から50,000円くらいでしょう。
仏壇の大きさや仏具の量などで金額も変わるので、見積もりをしてもらいましょう。
また、遠方による交通費や高速道路料金などを追加で請求されることもあります。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top