葬儀のあれこれ

仏壇の種類あれこれ

金仏壇(塗り仏壇)

仏壇は、いくつかの種類に分けられます。
唐木仏壇、金仏壇、家具調仏壇、上置き仏壇など。
金仏壇は、金箔や漆塗りで作られた仏壇のことです。
この記事では、金仏壇についてご説明します。

 

【金仏壇は、浄土真宗向けの仏壇】

 

金仏壇は「塗り仏壇」とも呼ばれ、金箔や金具の装飾と、漆塗りが特徴の仏壇です。
まばゆい金色で、阿弥陀如来のおられる極楽浄土を表すことから、浄土真宗専用のお仏壇とされています。
中には、金仏壇で他の宗派向けの仏壇もあります。
金色と漆で作られるのは同じですが、浄土真宗では用いない位牌を置く段が設けられています。
しかし、数としては圧倒的に少数です。
「金仏壇=浄土真宗」と捉えても問題ないでしょう。

 

【金色の飾りは極楽浄土を表現している】

 

浄土真宗では阿弥陀如来を本尊として祀ります。
阿弥陀如来の本願によって、門徒(浄土真宗における檀家の意味)は極楽浄土に往生されるとしています。
浄土真宗の大切なお経に『浄土三部経』があります。
この中で、まばゆく輝く極楽浄土の様子が描写されており、浄土真宗寺院はそこで描かれた世界を再現しています。
その寺院の飾りをさらに自宅用に小さくしたのが仏壇であるために、浄土真宗では金仏壇を用いるのです。

 

【金仏壇は伝統工芸の粋を集結させてできあがる】

 

本山寺院(西本願寺や東本願寺など)の本堂では極楽浄土が再現されています。
細かい彫刻、きめの細かい漆、まばゆい金箔や金具、華やかに描かれた彩色や蒔絵などの伝統工芸の技術が集結してできあがっているのです。
複数の職人の分業制で出来上がる一流の仏壇は、見るだけでこちらをうっとりさせます。

■木地師

仏壇の骨組みである木地の部材を一つ一つ作り、仮組します。

 

■宮殿師

宮殿とは「くうでん」と読み、寺院や仏壇中央に安置し、その中で仏像やご本尊の掛軸を祀ります。

 

■塗師

漆の職人は「ぬし」と呼ばれています。
黒塗りや朱塗りや梨地塗りなど、漆塗りにもさまざまな技法があります。
また、金箔の下地や、接着にも漆を用います。
最近では漆の産出量が激減しているため、代用漆(カシュ-など)を用いることが増えています。

 

■箔押師

金箔を押す職人です。
扉の裏や仏壇の内部など、さまざまな箇所に金箔を押します。
 

■蒔絵師

段の天面や引き出しなどに蒔絵が施され、浄土の美しい光景が描かれます。

 

■彫刻師

欄間や框などさまざまな細かい彫刻が施されます。

 

■錺金具師

「かざりかなぐし」と呼びます。
さまざまな場所に金具を打ちつけることで仏壇全体が締まります。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top