葬儀のあれこれ

仏壇の種類あれこれ

家具調仏壇

仏壇は、いくつかの種類に分けられます。
唐木仏壇、金仏壇、家具調仏壇、上置き仏壇など。
この記事では家具調仏壇についてご紹介いたします。

 

【新しいライフスタイルや住環境にあった仏壇】

かつての日本家屋では仏間が設計されていて、仏壇も仏間に納まることを前提に作られていました。
しかし戦後の日本では、マンションやアパートなどの集合住宅が立ち並び、一戸建ても狭小化が進みました。
このような流れで、仏間のない家がたくさん増えていったのです。
スペースが限られるために、コンパクトで、機能性に富み、そして洋間に調和のとれた仏壇が求められました。
家具や調度品と並べても違和感ない仏壇が普及したことから「家具調仏壇」と呼ばれます。

 

【リビングもあうデザイン性】

 

家具調仏壇のデザインは実にさまざまです。
オーソドックスで飽きのこないものもあれば、奇抜なデザインのものもあります。
カラフル、アシンメトリー、ピアノ塗装、象嵌細工、壁掛け仏壇などなど。
ギャラリーを見て回るだけでも楽しくなるでしょう。

 

【洋材の使用】

 

「家具調仏壇」と呼ばれているくらいですから、家具で用いられる素材が使用されます。
最近の住宅は欧米化しているため、家具も洋間との調和が求められます。
代表的な木材は、ウォールナットや、メープルや、タモなどでしょう。
 

 

【人気はコンパクトサイズ】

 

仏間のない自宅は全体的にスペースが限られており、家具調仏壇の中でも上置き仏壇(棚や台の上に置くタイプ)が多く選ばれています。
また、床からの立ち上がりの台付き仏壇も、高さ120~150cmくらいが主流で、従来の仏壇に比べるとかなりコンパクトなものが人気を集めています。

 

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top