葬儀のあれこれ

仏具のあれこれ

位牌とは

仏壇の中に祀られる大切な仏具に位牌があります。
位牌は故人様そのものと考えられます。
この記事では、位牌についてご説明します。
 

 

【位牌とは】 

 

位牌とは、死者の戒名などを彫刻して祀る木の板です。
漆塗りのものが多く、戒名のほかに、命日、生前の名前や年齢を刻みます。
位牌は死者の依代(よりしろ)と考えられています。
つまり、死者そのものとして礼拝します。
古くから、「火事の時でも位牌を持って逃げだす」と言うほど大切にされているものです。

 

【位牌は仏壇の2段目に祀る】

 

仏壇の構造は、上段に本尊(仏像や掛け軸)、そして2段目に位牌を並べます。
位牌が複数ある場合は、古いご先祖様の分を一番右に置き、最も新しい位牌を左側に置きましょう。
1つの仏壇で仏様とご先祖様の両方を祀るのは、日本の仏教の大きな特徴です。
これは、インドからやって来た仏教と、日本で古くから根付いていた先祖供養の慣習がひとつになったからだと思われます。
そもそも仏教は出家主義ですから、家族や血族とのつながりから飛び出して、仏道に入ります。
一方、先祖祭祀は家を飛び出すどころか、家のつながりを強く持つことを大事にしています。
この正反対の思想がひとつに同居しているところが日本仏教のユニークなところで、仏壇にはそれが如実に表れています。

 

【浄土真宗は位牌が不要】

 

浄土真宗では位牌が不要です。
これは、個別の死者ではなく、阿弥陀如来だけを礼拝することを大事にしているからです。
ただし、九州や西日本の一部など、大陸の影響を受けやすい地域では位牌を祀っています。
 

 

【四十九日を境に本位牌を作る】

 

葬儀の時に寺院に手渡される白木の位牌は仮のものです。
葬儀を終えて、四十九日法要までには塗りの本位牌を用意しましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top