葬儀のあれこれ

仏具のあれこれ

位牌の種類

実は位牌にもたくさんの種類があることをご存じでしたか?
この記事では位牌の種類についてご説明します。

 
【仮位牌と本位牌】

 

位牌は仮位牌と本位牌に分けられます。
仮位牌とは、葬儀の時に用意される白木でできた簡易的な位牌です。
本位牌とは、漆塗りなどでできた位牌です。
四十九日までに用意して、以降、仏壇で大切に祀ります。

 

【仮位牌】

 

■内位牌(白木位牌)
内位牌とは、白木で作られた簡易的な位牌で、斎場や自宅で安置します。
不幸が起きると、死者の依代となるものを用意しなければなりません。
急増のものとして白木位牌を用意し、寺院が戒名などを書き、霊前に安置します。
葬儀後四十九日法要までは、自宅の後飾り(遺骨を飾る祭壇)に置いて供養します。
 
■野位牌
野位牌とは、墓地に置く位牌です。
作りは仮位牌と同じで、白木の札板に戒名などを書きます。
内位牌よりひと回り小さく作られていることが多いようです。
使い方は地域によって異なります。
枕飾りや葬儀の祭壇では内位牌と一緒に置かれ、葬儀後に、墓地に持っていくケース、納骨までは内位牌と一緒に自宅に置いておくケースなどがあります。
墓地に置いた野位牌は塔婆と同じで、ずっとそのままにしておきます。

 

【本位牌】

 


 
■板位牌
最もポピュラーな位牌です。
札板の表面に戒名を、裏面に命日や生前の名前や年齢を刻みます。
板位牌はたくさんの種類があります。
台座の違いだけで、「千倉座」「京中台」「勝美」「葵角切」「春日」「猫丸」など、多種多様な位牌があります。
また、仕上げも、漆塗りと金箔の「塗り位牌」と、黒檀や紫檀などの銘木の木目を生かした「唐木位牌」があります。
 
■繰り出し位牌
繰り出し位牌とは、「回出位牌」とも書きます。
複数の札板を納められる位牌のことです。
8枚から10枚の札板に死者や先祖の戒名を書き、命日にあたる先祖の札板を前面に持ってきます。
屋根と扉のついた形状で、扉を開くと、拝む人から前面の札板が見える仕組みになっています。
 
■過去帳位牌
繰り出し位牌と同じ構造ですが、位牌の中には札板ではなく過去帳を納めます。

 

【モダン位牌】

 

家具調仏壇が普及する中で、位牌もモダンなデザインのものが続々と登場しています。
カラフルな位牌、鮮やかな蒔絵を施した位牌、クリスタル位牌もあります。
仏壇にあった位牌を選びましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top