葬儀のあれこれ

納骨のあれこれ

納骨式の流れ

お墓の中に遺骨を納める納骨式。
どのような形で行われるのでしょうか。
この記事では納骨式の流れについてご説明します。
 

 

【納骨式の流れ】

 

納骨式を他の法要(たとえば一周忌法要など)と同日に行う場合、まずは自宅や寺院で法要を執り行い、それから墓地に移動して納骨式を行います。
納骨式自体は、カロートへの納骨、寺院の読経、参列者の焼香と、いたってシンプルです。
その後、料理店や自宅へ移動して会食をします。

 

【納骨式で準備しなければならないもの】

 

納骨式には次に挙げたものを事前に用意しておきましょう。
 

■遺骨

法要では祭壇に安置し、墓地に移動するときに持って行きます。

 

■お花

墓前には花を供えます。

 

■お供え物

故人様がお好きだったものをお供えしましょう。
また、供えたものはそのままにしておくと、カラスなどが荒らしてしまうので持ち帰ります。
そのため、参列者で分けられるものをお供えするのがよいでしょう。

 

■お線香・ローソク

墓前で使用する線香とローソクを準備しておきましょう。

 

■念珠

念珠は祈りのための法具です。
忘れないようにしましょう。

 

■寺院への謝礼

読経をいただいた謝礼を「御布施」として渡します。

 

■石材店への寸志

納骨するときには大きな石を動かなさければなりません。
慣れない人がすると大変危険なので、石材店に手伝ってもらいます。
寸志を用意しておきましょう。
 

 

【新しいお墓は開眼式までさらしを巻く】

 

もしも新しいお墓を建てたならば、開眼式まで白いさらしを巻いておきます。
墓地には有縁無縁のさまざまな霊がいると信じられていました。
新しいお墓を他の霊から守るためにさらしを巻いておく風習が根付きました。
さらいは石材店が用意してくれるでしょう。
また、開眼式の中で寺院の読経の中、除幕をします。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top