葬儀のあれこれ

お墓を建てるときのあれこれ

お墓を建てる人のための基礎知識

これからお墓を建てようとしている人は、お墓の果たす役割や意味について深く考えたことはないでしょう。
しかし、死者を供養するこのお墓は、私たち日本人をはじめとする人間の叡智が幾重にも積み重なってでき上がっています。
この記事では、お墓を建てる人のための基礎知識について綴ります。

 

【お墓って何?】

 

お墓とは、死者の遺骨や遺体を埋葬する場所のことです。
現代の日本人は「お墓=石塔」と結びつけるでしょうが、死者が埋葬されているところはみな「お墓」なのです。
土まんじゅうも、塔婆が1本立っているだけでも、樹木葬でも、すべてお墓に含まれるのです。

 

【単墓制・両墓制・無墓制】

 

ひとりの死者にひとつのお墓。
これを「単墓制」と呼びます。
とても当たり前のように思えますが、実はお墓は単墓制だけではありません。
古代から特に西日本では、ひとりの死者にふたつのお墓を設けた「両墓制」というものがありました。
死者の埋葬地に建てられた「埋め墓」と、家の近くに建てられた「参り墓」を用意するのです。
さらには「無墓制」といって、お墓を建てないケースもあります。
主に浄土真宗の盛んな地域では、遺骨の一部を本山に納骨し、その他の遺骨はそのあたりに廃棄され、石塔を建てて供養することなどなかったようです。

 

【生前墓は縁起がいい】

 

生前に建てるお墓のことを「寿陵墓」などと呼び、大変縁起がいいとされています。
これは、お墓が死者を埋葬するだけのものでなく、生者の幸せを祈願するためのものでもあったからです。
いわば、死者の冥福と故人の幸福を祈るためにお墓が建てられたのです。
生前墓は、秦の始皇帝にまでさかのぼるとも言います。

 

【お墓 いろいろな形】

 

お墓の形は、細かく見てみると地域性が反映されて面白いものです。
基本は、軸石、上台、下台の三段墓なのですが、東北、関東、関西、九州のお墓を見比べてみると、似ているようで全く異なる形をしています。
また、もっと分かりやすいのが沖縄の亀甲墓でしょう。
家よりも大きなお墓には、先祖がいつまでも続きますようにという熱い願いが込められています。

 

【モダンなお墓】

 

最近では、従来の三段墓だけでなく、洋風のデザイン墓も人気です。
形だけでなく、石材もピンクや黒やグリーンといった個性的なものを使用します。
また機械工学が進化し、加工技術も発達しています。
施主の細かいニーズに応えるデザインが可能になりました。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top