葬儀のあれこれ

お墓を建てるときのあれこれ

お墓の予算

お墓を建てるにもどれくらいの費用が必要なのか、見当がつかないかと思います。
お墓は、陳列しているものを買うのではなく、自身の用意した墓地に建てるものです。
そのため、基本的な定価などはなく、すべての案件で見積もりするため、余計に統一的な価格が出しづらい側面があります。
その中でも、なるべく分かりやすくお墓の予算についてご説明します。

 

【お墓の費用の構成】

 

はじめてお墓を建てる人は、まずお墓が3つの費用に分けられることを覚えておきましょう。

■墓地の費用
■墓石の費用
■寺院の費用

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

【墓地の費用】

 

まずは墓地を取得しなければなりません。
墓地の費用には、永代使用料と年間管理料があります。
 
■永代使用料
いわゆる墓地の購入費用です。
ただし、墓地は「土地を買う」のではなく、「永代使用権を買い」ます。
土地ではなく権利を買うので、登記の必要もなければ固定資産税の支払いも不要です。
そのかわり、勝手に譲渡や転売等も許されません。
所有者はあくまでもその墓地の管理人なのです。
 
■年間管理料
管理料は、多くの墓地では1年に1回支払います。
中には、墓地取得時に「永代管理料」として一括で支払うところもあります。
利用者からの管理料は、墓地の管理や修繕などに充てられます。

 

【墓石の費用】

 

墓地を取得したら次に墓石工事をします。
墓石工事は石材店に依頼しますが、墓石の費用は次のように構成されています。
 
■石材の費用
石材は、石塔や外柵やその他の部材などさまざまな箇所で使用します。
国内のいい石を使うと高くなり、外国産の石は比較的安いようです。
また、石工による石材加工も、国内加工と海外加工では大きく費用が変わります。
 
■工事の費用
工事は主に3回に分けて行われます。
基礎工事と、外柵据付工事と、石塔据付工事です。
特に、基礎工事と外柵据付工事は、墓地の面積によって手間も変わるため、費用も増減するでしょう。
 
■その他の雑費
その他に、玉砂利やトーバ立てや花筒などの備品、笠香炉や灯篭や物置石などの石製品、文字彫刻に費用などが必要です。

 

【寺院の費用】

 

石塔は、寺院による開眼が行われて初めて「お墓」になります。
開眼法要には寺院を招いて読経してもらいましょう。
その際は、お布施とお車代とお膳料を包んで渡します。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top