葬儀のあれこれ

墓地のあれこれ

墓地の種類 公営墓地

墓地は次の4つに分類されます。
公営墓地、民営墓地、寺院墓地、共同墓地。
それぞれにメリットとデメリットがあります。
この記事では公営墓地について詳しく説明いたします。

 

【公営墓地とは地方自治体が管理運営する墓地】

 

公営墓地とは、地方自治体が管理運営する墓地のことです。
「〇〇市営霊園」などがこれにあたります。
東京都の場合は都営霊園があります。
また、全国的に見て県営霊園というのはあまり見かけません。
 

 

【公営墓地の特色】

 

公営墓地は、その地域に住む住民のための墓地です。
ですから、宗教や業者の指定もありませんし、管理運営も基本的にはしっかりしています。
ただし、公営だから安いとは限りません。
墓地の費用は地価に比例するからです。
公営墓地は公平性を大事にします。
他の人の迷惑がかからないように、応募資格や建立条件に制限があります。

 

【公営墓地は人気が高い】

 

また、全体的に見ても公営墓地の人気は高いです。
自治体運営という安心感がその理由でしょう。
しかし、人気が高いからこそ、なかなか墓地を取得できないという側面があります。
数年かけて空きを待つという人たちもたくさんいます。
返還された墓地が再貸付されるのですが、定員越えしたものは抽選になり、5倍や10倍という高倍率もざらにあります。

 

【公営墓地のメリット】

 

■経営が地方自治体だから安心
倒産や経営破綻のおそれがありません。

■宗教の制約がない
公営ですから、「信教の自由」を制約することはありません。

■石材店の指定がない
市民のための墓地ですから、特定の業者に有利に働くようなことはありません。
 

 

【公営墓地のデメリット】

 

■なかなか墓地が取得できない
人気が高いために、なかなか墓地が取得できません。

■書類などの手続きが煩雑
名義変更や利用者情報の変更等の際に、さまざまな書類を用意しなければなりません。

■市内在住であることや、墓石建立の期限など、応募資格に細かい条件がある
応募資格にさまざまな制限があるため、事前に確認しておきましょう。

■墓石の幅や高さなど、デザイン上の制約がある
他の人の迷惑にならないように、一定の建立基準があります。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top