葬儀のあれこれ

墓地のあれこれ

墓地の種類 民営墓地

墓地は次の4つに分類されます。
公営墓地、民営墓地、寺院墓地、共同墓地。
それぞれにメリットとデメリットがあります。
この記事では民営墓地について詳しく説明いたします。

 

【民営墓地とは宗教法人や公益法人が事業として運営する墓地】

 

民営墓地と聞くと、民間企業が運営するイメージがあります。
しかし、『墓地埋葬等に関する法律』では、墓地の経営は、地方自治体、宗教法人、公益法人のいずれかに限られます。
これはお墓という特性上、営利目的でなされるべきでなく、公益性を保って永続的に事業が続いていかなければならないからです。
多い例では、寺院が檀家以外に向けて墓地を販売するケース。
さらにはその運営を石材店などの業者に委託するケースがあります。
営利目的の民間企業が単独で墓地を運営することは、あり得ないのです。

 

【民営墓地の特色】

 

そうは言うものの、運営に業者が絡んでいる場合には、利用者目線で開発運営がなされています。
駐車場から墓地までの導線や、バリアフリー対策など、利用者が使いやすいように設計されています。
区画面積もさまざまで大小いろいろな墓地を選択できます。
また、建立にもデザイン上の制限はないでしょう。

 

【民営墓地のメリット】

 

■比較的空きが多い
民営墓地は公営墓地や寺院墓地に比べても空きが多いことが多いようです。
気に入った場所があればすぐにでも取得できます。

■宗教宗派の制限がない
広く利用者を募っている民営墓地は、宗教宗派の制限がありません。
一部、制限を設けているところもあるので注意しましょう。

■利用しやすい墓地設計
利用者目線に立った墓地設計がなされています。

 

【民営墓地のデメリット】

 

■墓石工事の施工業者が決められている
ほとんどの民営墓地では墓石の施工業者が決められています。
これは、石材店が、墓地の管理運営を受託されているからです。
業者が比較できないために見積もりも言い値になってしまいます。

■立地の良しあしがある
新規で墓地を造成しようとするために、山裾にあるなど、墓地によっては立地の良しあしの差が激しいでしょう。

■管理状態も良しあしがある
園内の清掃など、管理の状態も運営者によって良しあしがあります。
立地や予算だけでなく園内の清潔さが行き届いているかも大事なチェックポイントです。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top