葬儀のあれこれ

墓地のあれこれ

墓地の種類 寺院墓地

墓地は次の4つに分類されます。
公営墓地、民営墓地、寺院墓地、共同墓地。
それぞれにメリットとデメリットがあります。
この記事では寺院墓地について詳しく説明いたします。

 

【寺院墓地とは、檀家向けの墓地のことです】

 

寺院墓地は、寺院が檀家向けに貸し出している墓地のことです。
寺院が運営する墓地には「民営墓地」もありますが、こちらは事業色が強く出ています。
一方、寺院の境内にある寺院墓地は、あくまで檀家の死者や先祖の供養の一環で、土地を分け与えているのです。

 

【寺院墓地の特徴】

 

檀家向けに貸し出している墓地ですから、当然菩提寺と檀家の関係を持たなければなりません。
このつながりの強さは寺院の考え方にもよるでしょう。
あまり大きな墓地はなく、限られた境内を1件でも多くの檀家に利用してもらうため、ひとつあたりの墓地面積は小さいのが特徴です。

 

【寺院墓地のメリット】

 

■すでに寺院との付き合いがある人にはおすすめ
すでに寺院と付き合いがある人は、その寺院の墓地を分けてもらいましょう。
代々のご先祖様と仲良くなるのは悪いことではありません。

■境内にお墓があることの安心感
寺院の境内にお墓があることで守られている感じがします。
寺院には住職の家族が住んでいるので、防犯上も比較的安全でしょう。

■立地が良い
市街地や自宅の近くに寺院がある場合、こんなに立地の良い墓地はなかなか手に入らないでしょう。

 

【寺院墓地のデメリット】

 

■寺院との関係が生まれる
新たに墓地を取得するためには、その寺院の檀家にならなければなりません。
寺院は檀家のものですから、他の檀家とともに、法要や行事に参加しなければなりません。
また、本堂の修繕などで寄付を求められることもあるでしょう。

■業者が指定の場合もある
寺院によっては石材店を指定にしているところもあります。
いろいろな石材店が入ってきてさまざまな方法で工事をされるよりは、旧知の仲の石材店に任せた方が寺院も安心です。
業者が決められている場合は相見積もりがとれないので気をつけましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top