葬儀のあれこれ

墓地のあれこれ

墓地の費用

お墓を建てるためには墓地を購入しなければなりません。
この記事では、墓地の費用についてご説明します。

 

【「平米単価」という考え方】

 

1㎡50万円の墓地と、4㎡100万円の墓地があるとします。
一見前者の墓地の方が安いように思いますが、1㎡に換算すると後者の方が安いのです。
もちろん、安ければいいものではありませんし、広ければいいものではありません。
あなたがどれくらいの墓地を望むかによって、墓地の価値はさまざまに変わります。
しかし、墓地の費用を見る指標の一つに「平米単価」があるということは知っていて損はないでしょう。
墓地の費用を算出するには、この平米単価、つまり1㎡あたりの単価と、墓地の面積をかけ算すればよいのです。

 

【墓地の費用は地価に比例する】

 

公営だから安い、民営だから高い、とは言い切れません。
むしろ、田舎だから安い、都会だから高い、はあるかもしれません。
墓地の平米単価は土地の価格に比例するのです。
たとえば、東京都営霊園の場合を見てみます。
都心の青山霊園と郊外の小平霊園では、平米単価に3倍もの開きがあります。

■青山霊園 2,735,000円
■小平霊園 838,000円

 

【墓地の費用は面積に比例する】

  
そして、もうひとつは、墓地の面積です。
墓地の面積は、墓地の幅と奥行きの寸法をかけ算すればすぐにわかります。
平米単価30万円の墓地の場合、2㎡だと60万円、3㎡だと90万円となります。
もちろん、墓地は安ければいいのでもなく、広ければいいものでもありません。

施主があくまでどのようなお墓を建てたいか、そのためにはどれくらいの墓地が必要かを考えることが大切です。

 

【年間管理料】

 

墓地の取得にかかる費用を「永代使用料」と呼びます。
そして、毎年管理人に支払う費用を「年間管理料」と呼びます。
墓地の利用者から集めた年間管理料をもとに、墓地の清掃や修繕が行われます。
年間数千円から1万円くらいが相場です。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top