葬儀のあれこれ

新しい葬法「永代供養」のあれこれ

永代供養とは

最近、永代供養が増えています。
自分たちでは墓守や先祖の供養ができない人たちが永代供養という方法を選んでいます。
この記事では、永代供養についてご説明いたします。

 
【永代供養とは、供養を寺院に委託すること】

 

永代供養とは、寺院が家族に代わって、その家の先祖や死者を供養することです。
また、霊園が永代供養墓などの施設を設け、遺骨を預かり、年に数回寺院による法要を営むこともあります。

 

【永代供養が広がる理由】

 

永代供養が広がりを見せているのは、次のような理由が挙げられます。

■核家族化で、家族が違う場所で住むようになり、故郷のお墓の守りが難しくなった
■子や孫がおらず、あとを看てくれる人がいない
■お寺との檀家関係を結びたくない

 

【永代供養のさまざまな方法】

 

永代供養にもさまざまな方法やスタイルがあります。

■本山納骨
「本山納骨」は、信仰する宗派の本山寺院にお骨を納めることで、主に西日本で古くから行われています。
いまでも浄土真宗の本山である本願寺、真言宗の本山である高野山、曹洞宗の本山である永平寺をはじめ、さまざまな寺院で納骨を受け入れています。

■期限付き個別墓(一般的なお墓)
一般的なお墓を建立し、期限を決めて供養します。
33年などの期限を超えたら、墓じまいする前提で契約をします。
あとは続かないけれど、自分が元気なうちはお墓参りをしたいという人に選ばれています。

■永代供養墓(集合墓)
永代供養墓は、複数の人の遺骨をまとめて埋蔵するために、通常よりも大きな石塔の形をしています。
躯体の中が棚状で、一定期間遺骨を預かり、期間を過ぎると土の中に合祀します。
集合墓の前には共有の礼拝スペースがあり、だれでもお参りできるような仕組みになっています。

■室内納骨堂
室内に設けられた「納骨堂」で遺骨を安置する方法もあります。
ロッカー型では遺骨を保管してもらい、仏壇型と呼ばれるものになると、扉を開いて手を合わせられるよう、ご本尊が祀られています。
もしもお参りの人がいなくなったら、そのまま寺院が遺骨を引き取り、永代供養します。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top