葬儀のあれこれ

墓石のあれこれ

いい石材店の選び方

お墓なんて建てたことないから、どの石材店に相談していいのか分からないですよね。
この記事では、いい石材店の見つけ方についてご説明いたします。

 

【いい石材店の選び方】

 

いい石材店の基準は人によってさまざまです。
たとえば次のようなものが挙げられます。

■知識や経験や実績が豊富
■地域での実績と信頼がある
■石材の展示品やサンプルがある
■メンテナンスをしっかりしてくれる
■アフターサービスが充実している
でも、これって当たり前の基準ではないでしょうか。
そして、どの石材店だって自社のことを悪くは言いません。
「うちは実績豊富ですよ!」「たくさん墓石を展示していますよ!」「アフター保証も手厚いですよ!」などの言葉は誰でも並べ立てられます。
こうした当たり前な基準をクリアしたその上で、どうしたらいい石材店に出会えるか、あるいはどのようにいい石材店かを見分けるか、そのポイントをご紹介します。

 

【担当者の人柄】

 

そもそも「いい石材店」ってどんな会社でしょうか。
「価格が安い」「施工件数が地域で一番」など、これだって基準は曖昧です。
石材店のどこに価値を見いだすかは人によって異なるでしょう。
筆者は、「気持ちよくお参りできるお墓を建ててくれる石材店」だと思います。
それを踏まえたうえで、石材店選びの際は、担当者の人柄が大事だと考えます。
もっと踏み込んでいうならば、「この人なら任せて安心!」と思える人に依頼しましょう。
家や車ならいざ知らず、お墓は消耗品や実用品ではありません。
お墓は、礼拝の、祈りの対象です。
建ったあとに手を合わせて、清々しい気分になるものが望ましいでしょう。

 

【安さを謳う石材店は要注意】

 

同じ買い物をするのなら安い方がいい。
しかし、本当にそうでしょうか?安くて劣悪な石材で建てたお墓と、高くても納得して建てたお墓では、「気持ちの良い」お参りはきっと後者の方がもたらせてくれるでしょう。
もちろん、高ければいい、というものではありません。
またその反面、安ければいいというものでもありません。
大事なのは、高いには高い理由を、安いには安い理由を、こちらが分かる言葉で説明してくれるかどうかでしょう。
お墓は手を合わせて心がこもるものです。
高い安いよりも、満足感や納得感こそが大事なのです。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top