葬儀のあれこれ

葬儀準備のあれこれ

斎場選びの方法

斎場とは、葬儀を執り行う場所のことです。
葬儀を行う上で、斎場選びはとても大切な要素になります。
自分たちが希望する葬儀にふさわしい斎場を選ばないと、余計に費用がかかったり、あるいは葬儀が混乱したり、さまざまな不具合が起きてしまうでしょう。

この記事が、満足いく斎場選びに役立ちに、あなたの葬儀が素晴らしいものになる、その一助となれば幸いです。

 
【斎場の種類とその特徴】

ひとことに斎場と言っても、いくつかの種類に分けることができます。
種類とともに、その特徴をご紹介します。

 

■公営斎場

公営斎場とは、あなたの住まいの市区町村が運営する斎場のことです。
火葬場に併設されていることが多いようです。
自治体による行政サービスですから、利用料は安く、設備はしっかり整っています。
また、市民の多くは公営斎場の所在地を知ってますから、参列にも便利でしょう。
しかし、多くの市民が利用するために、利用上の制約があります。
人気が高い傾向にあるために、予約が困難という側面もあります。

 

■民営斎場

民営斎場とは、葬儀社が運営する斎場のことです。
家から近くにある場合は、遠い公営斎場よりも近くの民営斎場を利用する人も多いでしょう。
葬儀社の保有なので、利用者目線で作られています。
費用は、公営斎場よりは高めになるでしょう。
また、施行業者が決まっているために、複数の業者の比較検討もできません。

 

■寺院斎場

寺院斎場とは、寺院の境内にある葬儀専用斎場です。
地方や郊外ではあまり見かけませんが、東京の都心部などはこうした斎場を利用するのはごく一般的です。
利用料さえ支払えば、どの宗派の葬儀をしても構いませんが、一部利用制限がある斎場もあるようなので事前に確認しておきましょう。
施行業者の制限もないために、複数の業者の比較検討も可能です。

 

■その他の斎場

地域によっては、公民館の葬儀利用もできます。
また、ひと昔前に戻って、自宅で葬儀をする人も増えているようです。
いずれも、葬儀社のサポートが必要なので、まずは相談をしてみましょう。

 

【斎場選びの6つのポイント】

 

斎場選びのポイントをまとめました。

 

■参列者数

参列者の数に見合った大きさの斎場を選びましょう。

■設備の充実度

建物設備がきれいで充実しているか。
可能であれば事前に内覧しましょう。

■駐車場の広さ

予想参列者に対して駐車台数が足りているかを確認しましょう。

■アクセスのよさ

自家用車だけでなく、公共交通機関を利用する人もいるかもしれません。
斎場へのアクセスを事前にイメージしていきましょう。

■宿泊の可否

通夜を故人様と寄り添いたいという人は多くいますが、斎場によっては宿泊ができないところもあります。
事前に確認しておきましょう。

■費用

斎場によって、費用に幅があるので、ひとつだけでなく複数の斎場を確認しましょう。
 

 

【納得いく斎場を選ぶには、親身な葬儀社との出会いを】

 

斎場選びには、葬儀社のサポートが不可欠です。
まずは、安心できる葬儀社を探しましょう。
自分たちの希望する葬儀を伝えると、いくつかの斎場を紹介してくれます。
予算、参列者数、利用制限など、さまざまな要素から総合的に判断して、斎場を決めましょう。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top