葬儀のあれこれ

戒名のあれこれ

戒名ってなに?

葬儀について考える時に、葬儀の費用がどれくらいかかる、とても気になりますよね?
葬儀の費用も、色々な種類に分けられるのですが、その中でもお寺へのお布施がとても不明瞭で、はっきりしないという声をよく聞きます。

葬儀の時に死者に授けられる戒名。
この記事では、そもそも戒名とはどういうものなのかを、ご説明します。

 

 

【葬儀は死者供養のために 供養は遺された人たちの平穏のために】

 

葬儀にはたくさんの役割がありますが、僧侶が行う大切な役割は、死者供養です。
でも、死者供養って何なのでしょか?
こんな膨大で深遠なテーマを、このコラムの中で言い当てることはできないかもしれません。
でも、供養とは、遺された人たちの心のざわつきを落ち着かせることだと思います。
あるいは、ぽっかり空いてしまった心の穴を埋める作業ではないでしょうか。
もちろん、一日でそれらが完成されるものではありません。
時間をかけて、ゆっくり、ゆっくり、死を受け入れ、乗り越えていくのです。
葬儀は、長い時間をかけて行われる供養のはじまりなのです。

 

【僧侶が担う2つの大事な役割 ”引導”と”授戒”】

 

いままで生きていた人が、死んでいなくなってしまう。
でも、遺された人たちの中では生き続ける。
いないのに、いる。
この状態をどうすればいいのか。
遺された人の心を落ち着けるために供養があり、その専門家が寺院です。
葬儀における僧侶の役割は2つです。

 

1つは”引導”(いんどう)。

引導とは、仏門に引き入れる、という意味だそうです。
もっと現実的に解釈するならば、故人に向かって「あなたは死んでしまったのですよ」と言い放つことです。
もう、この世の存在ではないのだと。
これは、そっくりそのまま遺族にも向けられています。
「この人は亡くなったのですよ。死を受け入れましょう」と。
死別の悲しみは受け入れがたいのですが、それを受け入れないと遺された者は前に進めないし、日常を取り戻せません。

 

そしてもう1つが”授戒”(じゅかい)。

仏門に入る者が戒律を授かることです。
そして、この時に授かる名前こそが「戒名」なのです。
戒名は、あの世で仏門に入った者としての新しい名前です。
新たな歩みを始めた故人様に授けられる者です。
私たちの心の中にいるけれど、この世の人ではない。
そういう意味でも、生前の名前ではなく、新しい戒名を授かるのです。

少し抽象的な話になりましたが、人間という者は、亡くなった人の行方を考えてしまう存在です。
だからこそ、世界中に宗教があり、それぞれに死後観があります。
遺された私たちが、心の整理をつけるためにも、寺院は故人に戒名を授けるのです。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top