葬儀のあれこれ

戒名のあれこれ

宗派によって異なる戒名

寺院は、亡くなった人に戒名を授けますが、宗派によって異なります。
この記事では、宗派別の戒名の違いについて解説いたします。

 

 

【戒名の基本構造 院号・道号・戒名・位号】

 

まずは、戒名の基本構造について説明します。
わかりやすく、作家の三島由紀夫の戒名を例にとります。

 

夏目漱石の戒名は『彰武院文艦公威居士』です。

■院号「彰武院」

院号とは、寺院への貢献度の高い人や社会的に影響力を持った人などに送られます。
全ての人に与えられるものではありません。

■道号「文艦」

道号とは本来は位の高い僧侶の尊称でした。
いまでは故人の功績や人柄を連想させる文字をあてがいます。

■戒名「公威」

本来はこの2字のみを戒名と呼びました。院号や道号が尊称であるのに対し、戒名はまさにその人を指し示す仏弟子としての名前です。
通常、生前の名前から一字だけ採用することが多いのですが、三島由紀夫の場合は、本名の「平岡公威」をそのまま戒名にしたのでしょう。

■位号「居士」

位号とは、仏教徒としての階級を表すものです。
男性であれば、居士/信士
女性であれば、大姉/信女
…などがあります。

 

それでは宗派別の戒名についてご説明します。
院号はすべての人に与えられるものではないので()内で表記します。
 

 

【天台宗・臨在宗・曹洞宗】

 

(〇〇院)▲▲□□居士

天台宗や禅宗(臨済宗と曹洞宗)の戒名は、シンプルに道号・戒名・位号の組み合わせです。

 

【真言宗】

 

「ア」(〇〇院)▲▲□□居士

「ア」とは真言宗の大日如来を表す梵字です。
文字変換ができないために「ア」で表現しています。
戒名には含まれませんが、位牌や墓石など、戒名の頭には「ア」字がつきます。

 

【浄土宗】

 

(〇〇院)▲阿□□居士
(〇〇院)▲誉□□居士

浄土宗では、「道号」の中に「阿」の文字や「誉」の文字が入ります。

 

【浄土真宗】

 

(〇〇院)釋□□ (男性)
(〇〇院)釋尼□□(女性)

浄土真宗では、戒名と呼ばずに”法名”と呼びます。
そして、文字の配列も大きく異なります。
「釋」の文字のあとに2字の法名が入るだけです。
さらに女性の場合「釋」と法名の間に「尼」の文字が入ります。

 

【日蓮宗】

 

(〇〇院)▲▲日□居士

日蓮宗では戒名のことを”法号”と呼びます。
そして他宗派では戒名と呼ばれる2字を、”日号”と呼びます。
2字の頭には、「日」の文字を入れます。
日蓮上人の法を受け継ぐという意味が込められています。

関連記事こちらの記事も読まれています

0120955836

page top